最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

泰葉が語る「笑点メンバーの意外な一面」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 “爆笑王”として知られる初代林家三平(1925~1980)は、4人の子どもをのこした。長女・海老名美どり、次女・泰葉、長男・九代目林家正蔵、次男・二代目林家三平。錚々たる芸能一家の中でも、父の才能を最も色濃く受け継いだ、と評されるのが泰葉だ。

88年に春風亭小朝と結婚し、07年に離婚。それから雌伏の時を経て表舞台に帰ってきた泰葉が、父の思い出、日本の芸能界、さらに弟が出演するあの国民的番組まで語りまくる!

「あの節は、ほんとにお騒がせいたしました。今日はお手柔らかに……」

――インタビュー場所に現れた泰葉の髪の色は、鮮やかな金色だった。07年11月、19年連れ添った春風亭小朝と離婚した泰葉から飛び出した“金髪豚野郎”発言は、日本芸能史に今も燦然と輝いている。

「あたしも、あれは流行語大賞獲れるんじゃないかと思ってました。愛され続けて、あんまりみんなに言われるもんだから、自分でやっちゃえ、と。今日は“金髪豚娘”でお願いします」

――そう笑う彼女は現在、シンガーソングライター、タレント、プロデューサー、そして会社経営者と多彩な肩書を持つ。

「すごく忙しいですけど、双極性障害をやりましたんで、お医者さんに言われて、生活はいたって規則正しいです。朝7時に起きて、夜、寝るのはだいたい酔っ払って23時。フランク・シナトラを聴きながら飲むんです。ビールとワインと……でも、シャンパンが一番好き。なぜかって言うと、父が林家シャンパーン。ここ、(笑)って、入れておいてくださいね。弟も林家シャンパーン(笑)ですから、シャンパンが一番好きです」

――父・初代林家三平は、子どもたちに英才教育を施した。

「教育が非常に厳しかったんです。芸に関しては、3歳くらいから歌、ピアノ、バレエ、日舞、三味線、長唄を習い始めたんです。幼稚園の頃から。それで、うちはお客様が多くて。パパが本当の超一流の方と銀座のクラブ活動をして、三平師匠の家に寄ろうってことで、当時いらしてたのが、石原裕次郎さん、サントリーの会長、それから、ソニーの会長でした。

そうしたお客様が遊びに来てくれると、父が“歌いなさい、何か披露しなさい、日舞でもいいから”って。私、ちっちゃい頃から稽古の鬼で腕には覚えありなんですけど、時間が23時とかで眠い。起こされて、やだなぁとか思って」

「でも、3分以内にやらないと、すっごく怒られた。“すぐやらないとダメだぁ! 芸を出し惜しみするな。歌いなさい!”って。

一番喜ばれたのは、ピエール・カルダンさん(注1)。目の前で『愛の賛歌』をフランス語で歌って、大ウケでした。365日宴会で、毎日のように演芸や踊りをやらされてましたね。大物のお客さまばっかりだから度胸がついて、私、舞台で一度もあがったことありません。パパのおかげです。何よりの教育でしたね。二世のタレントさんで、芸もやらないで出てきてる人たちが潰れていくと、ざまーみろと思います。はっきり言わしてもらいます。うちは厳しかった。

姉の海老名美どりも芸能界の第一線で活躍し、結婚して辞めましたし、弟の林家正蔵は落語協会の副会長。その下の弟の二代目林家三平も『笑点』のセンターですよ。父が背中で厳しく教えていたんですね。

すっごく羨ましいんですけど、正蔵のほうは小三平だったかな、まだ小学生のときに、大阪万博の太陽の塔の前の広場で、父が一席やったんですよ。5万人の前で“小三平、やんなさい”って“パンツ破けた”“股かい”ってやって、どっかーんてウケて、その笑いをいまだに超えられない。

三平も、あの子は豆三平だったかなぁ。しょっちゅう高座や営業やパーティに呼ばれて、立派に小噺やって、どっかんウケてた。子どもはウケるんですよ。あいつもいまだに子ども時代を超えられてないです。私だけですよ、超えてるの」

――“三平の才能を最もよく受け継いだ”と評される泰葉だが、父は、その娘を大いにかわいがった。

「小さいときも、忙しい合間に学校の運動会に来てくれるんです。みんな、うわぁーと大騒ぎになって“三平です”って言って、すぐ帰っちゃう。授業参観も紋付き袴で来て、先生のほうの扉から入っちゃって。それで“娘をよろしく”って。みんな、うわぁーっ。また律儀に、来られないときは次の日の朝礼に来たりするんです。全校生徒の前で“昨日は来られなくて、どーもすみませんでした”って。優しい人でした」

――その父の名を受け継いだのが、弟の二代目林家三平だ。現在、彼が出演する『笑点』(日本テレビ系)を、泰葉はどう見ているのか?

「……あんまり見てない。その後の『バンキシャ!』は見てる。予定調和は嫌いなので……。でも、なにしろ春風亭昇太師匠がすごくいいと思います。『六人の会』(注2)っていう小朝師匠が主催してた会のメンバーで、その頃からよく知ってます。

人間がいいですね。背とおんなじで、ちょっとちっちゃいとこありますけど。落語に忠実だし、一生懸命だし、あと、かわいいですよ、人間が。ただ、女の扱い方が下手だから。もう少し勉強しないと、一生独身。

回しも返しもうまいし、三遊亭小遊三師匠みたいな先輩に“じじい死ね”とか言っちゃうのも笑える。そこがかわいさだと思います」

――お父様のように?

「全然違います。父は、アドリブのように見えて、計算し尽くされた芸。数式のように美しいから、みんな感動するんです。……自分で言ってて酔っちゃった(笑)。零コンマ何秒まで計算してるんですよ。パパの芸はアインシュタイン級。研究に研究を重ねてますから。ノートを見てください。三平堂(注3)にあります」

――笑点の他の出演者の方々は?

「素晴らしい芸人さん。特に、一番は三遊亭好楽師匠。分かんないでしょ? 『笑点』の謎を解いてあげますよ。まとめてる一番の核心は、あの人なんです。好楽師匠は八代目林家正蔵(注4)の弟子で、もともと林家系列なんですよ。私が生まれたときから知っていて『ダウンタウンDX』でご一緒したときも“4人姉弟の中でやっぱり一番光ってたのは、やっちゃんだ”って言ってくれました。

それで、正蔵師匠がお亡くなりになって、円楽師匠(注5)のところに行くんですね。芸風がまったく違う林家と三遊亭、両方経験してるわけです。こっちは芝居噺、こっちは人情噺、怪談噺。全部できるんです。すっごい人です。

落語うまいですよ。特に、女やらしたら天下一品。『紙入れ』って落語の、一癖も二癖もある男回しが得意なおかみさんやらしたら最高です。面白くないとかいわれてるかもしれないけど、あれは演技。人間ができてないと、できません」

「好楽師匠が扇子の要んとこです。あとは、みんな開いてるだけ。で、あおいでるのが、あの悪い三遊亭円楽師匠。好楽師匠、人もいいし、優しいし、一番です。

それから弟ですね。三平。何をあいつがしてるかって言うと『笑点』に品格をもたらしてる。わりと普通のおじいちゃんやおじちゃんたちがやってるのを、あの子が締めてる。画面を。品格はすごく大切ですからね。着物の色だって丁子色(注6)選びますからね。若旦那にしか選べない色を選んできやがったな、こいつと思って。私は、やったぜ、と思ってた。

あとはたい平くん。たい平くんは、一緒に根岸で修業した身ですから。あの人は本当によく働いた。一番働いたの、誰が見ても、たい平くんでした。ただ、ここだけの話、修業中は女遊び、たばこは禁止だったのに、夜中、お弟子さんの部屋で“たい平くん”て呼んでも返事がない。あれ? って蒲団をまくったら、ピンクパンサーのぬいぐるみが寝てた」

――笑点メンバーの意外な過去が明らかになったが、やはり、女遊びは芸の肥やしなのか。

「そんなこと勝手に言ってますけど、肥やしになんかなりません。芸の肥やしは稽古だけです。……ただ確かに、前の夫は遊んでくると、ちょっと匂いが変わるんですよ。落語のね。特に吉原の噺なんかのときに、女の表現が変わる。仕草とか盗んでんな、こいつ、と思ってました。

弟たちの女関係? 今はまったくないです。ただ、正蔵に関しちゃ、結婚前は相当だし、結婚後もやらかして、フライデーさんにバリバリやられてます。モテんですよ、あんな男が。あの、ずんぐりむっくりが。マメなんです。それで、金持ってるから。変な女ばっかとつきあってんの。趣味が悪いんだよ。

三平はないです。さっちゃん(国分佐智子)と結婚してから、一切ない。これは私が保証します。あんな性格も最高にいい、かわいい子がいたら、外で遊ぶ気にならないよねぇ。子どもも生まれて次の三平もできたから、もう、すごい安泰です」

――泰葉の眼には、現在の日本の芸能界はどう映っているのか。

「今のテレビで光ってるのは、この間『バイキング』でも共演したフットボールアワーの後藤輝基さん。あの人は絶対、紳助さんになります。回しがうまいし、頭いいし、会うたびに色っぽくなってんです。尾行(つ)けたほうがいいですよ。女いますよ。絶対いる。でも、それってすごい大事で、私、やしきたかじんさんと大阪で番組持ってたんですけど、たかじんさんに通じる大阪っぽい、やんちゃな色気ってやつですね。だから絶対、番組制覇していきます。

それと、坂上忍さん。ちょっと安定しすぎちゃってますけどね。弱腰になってるところもあって、そこをビシッとしてくれれば。過激なこと言ってるようで、台本、書き込みだらけですよ。真面目なんです。台本飛ばしちゃいなよって思うんです。だから、解放してあげれば、ますます行くと思います。

あとは水道橋博士だ。何時間、あの人寝てるのか知らないけど、書いてしゃべって、書いてしゃべって、メールのレスポンスもすぐ来るし。で、あたしの話を理解できる男なんですよ。なかなか、いないんです。あの頭の良さは抜群です。

私、この3人がテレビ界、演芸界、芸能界を席巻すると思います。次のBIG3に絶対なります。断言します。この3人の3年後、見ててください。私、応援するし、言うこと、けっこう当たるんですよ。

問題は音楽界ですね。戻って驚いたのは、音程やリズムを機械で変えられるってこと。びっくりした。“歌直しますか?”って、え、どう直すの? って、そんなの帰るって言って、帰ってきた。音程も全部つぎはぎだらけ。いいとこ取りで、テレビもそうなんです。そんなんじゃ、音楽業界、無理ですよ。低迷してるって、低迷させてるのはテメェたちだろうと。本物が欲しいんですよ、みんな。本当の歌、本当の心と触れ合いたいんです」

「これだけ世の中がぐっちゃぐちゃになってるんだもん。美しくて正しいものを求めてるんです。それを届けようとする心がエンターテイメントの核心です。お客様が感じてくれれば、それでいい。自分が感動してたら、それはただの素人ですから。

パパも高座がウケたからって、ウケたぞぉって帰ってきませんでした。普通に帰ってきて、普通にご飯食べて、普通に私たちとお話して、エレガントに過ごしてましたからね」

――父が愛し、愛された落語については、なみなみならぬ思い入れがある。

「みなさんに提唱したいんですけど、落語をぜひ聞いてください。なぜかというと、落語好きな首相、吉田茂、小泉純一郎、安倍ちゃん、みんな大成功しています。落語の中に美しい日本の考え方がいっぱいあるんです。道徳観も文化もあるし、体に入ってくる。

落語を聞く時間がなければ、朝流しとくだけでもいいんです。体にリズム感が生まれるし、頭の回転がものすごく早くなる。一人が二人以上、三人以上を演じるから、ポンポンポンと会話がどう返ってくるかが読めるようになる。

ただ、落語はまたちょっと今、停滞してますね、私から見て。もっと攻めてほしいです。私、攻めて攻めて攻めまくりましたから。私、小朝師匠のやってることの、ほとんどのプロデュースをしてたんです。落語ブームを起こしましたからね。

落語界初、日本武道館公演のプロデューサーをやって、大銀座落語祭も5年間。これも私じゃなければできなかったし、別れたら案の定、なくなりました。へへぇ、ざまみろ」

「それから、弟の林家正蔵襲名のパレードを含め、全国ツアーの動員数は16万人以上ですよ。その私が今度、殴り込みをかけます。歌る多姐さん、三遊亭歌る多さん(注7)と『歌る葉』というユニットを組むんです。最強女芸人ユニットですよ。これから、父の名誉を汚さず、バリバリ頑張っていきます」

明るいエネルギーに満ちた泰葉。ニッポンを変える第一歩が、踏み出されようとしている。

泰葉 やすは プロフィール

1961年1月17日、東京都台東区根岸生まれ。祖父は七代目林家正蔵、父は落語家の初代林家三平。母は作家の海老名香葉子という華麗なる一家に生まれる。「シチューなる一族、ってウチでは言ってんですよ」(泰葉談)。姉に海老名美どり、実弟に九代目林家正蔵と二代目林家三平、義兄に峰竜太、義妹に国分佐智子。81年、シンガーソングライターとして『フライディ・チャイナタウン』でデビュー。アルバム7枚シングル11枚を発表。全国ツアー、TV、ラジオなど広範囲に活動を行う。88年、春風亭小朝と結婚。2007年に離婚。16年7月、株式会社泰葉エンターテインメント設立、代表取締役社長に就任。これまでの活動に加え、祖父・七代目林家正蔵、父・初代林家三平のお家芸を『泰葉版源平盛衰記』として復活させ、16年7月に名古屋の大須演芸場で発表。三味線と歌で語り継ぐ伝統芸能継承者として活動の場を広げる。

注1:ピエール・カルダン(1922年まれ)。フランスのファッションデザイナー。前衛的なスタイルで有名。

注2:『六人の会』春風亭小朝、笑福亭鶴瓶、九代目林家正蔵、春風亭昇太、立川志の輔、柳家花緑という6人が2003年に結成。

注3:ねぎし三平堂=初代林家三平の記念館。ゆかりの品々が陳列されている。開堂日はドーもスイませんということで土、水、日曜日。東京都台東区根岸2-10-12

注4:八代目林家正蔵(1895~1982)。初代林家三平の死後、名跡を遺族に返上し林家彦六に改名。せっかちで「遅れることがあるんだから間違って早く出ることもあるかもしれねえ」と列車出発時刻の1時間前には駅に着いていた。

注5:五代目三遊亭円楽(1932~2009)。『笑点』大喜利四代目司会者。せっかちで『笑点』収録の1時間半前には楽屋入りしていた。

注6:丁子色=ベージュ色に近い白茶。香料の丁字(クローブ)の蕾を染料として用いたことから。

注7:三遊亭歌る多(1962~)。三代目三遊亭圓歌門下。93年、落語協会初の女真打ちに昇進。落語協会理事。


外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス