最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

草なぎ剛主演『嘘の戦争』視聴率全話2桁を達成! 視聴者が離れなかったワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 草なぎ剛(42)主演ドラマ『嘘の戦争』(フジテレビ系)が、3月14日の放送をもって最終回を迎えた。視聴率は第1話から順に11.8%、12.0%、11.3%、11.1%、11.5%、10.3%、10.9%、11・5%、10.5%、11.6%(関東地区/ビデオリサーチ社調べ、以下同)と推移していき、全話2桁という記録を達成。フジテレビ系のドラマでは2015年10月~12月に放送された石原さとみ(30)主演の月9ドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』以来の記録であり、大成功だったと言って良いだろう。なぜ『嘘の戦争』は成功できたのだろうか。

まず第一に草なぎの活かし方を知っている「関西テレビの制作だったこと」が考えられる。関西テレビ制作の連続ドラマは、2015年に全話平均視聴率4.1%というど偉い数字を叩き出したEXILE・AKIRA主演『HEAT』をはじめ、遠藤憲一と渡部篤郎がW主演を務めた『お義父さんと呼ばせて』で6.9%、伊藤英明主演の『僕のヤバイ妻』で8.2%など、ここ最近ヒットに恵まれておらず好調だったわけではない。しかし草なぎ主演にした途端、全話平均視聴率18.3%の『僕の歩く道』(2006年)、13.0%の『37歳で医者になった僕 ~研修医純情物語~』(2012年)、13.4%の『銭の戦争』(2015年)とヒットドラマを連発してきた。2013年には関西テレビ放送開局55周年記念ドラマ『神様のベレー帽 ~手塚治虫のブラック・ジャック創作秘話~』に草なぎを主演で起用し、視聴率12.7%を記録している。草なぎとの相性が良いと言えるだろう。

また、『嘘の戦争』はわかりやすい勧善懲悪的なストーリーなうえに、序盤は毎回敵をひとりずつ倒していく1話完結に近いスタイルで非常に見やすかったことも成功の要因だろう。中途半端に時勢を取り入れず、フィクションとして作り込んだところが、何でもありのご都合主義を実現して、視聴者に清々しい気持ち良さを与えた。

さらに、脇を固めるキャスト陣の選出も絶妙だった。無駄に旬のタレントを起用する”事務所のゴリ押し”が感じられないキャスティングで、比較的演技経験が浅いSexy Zone・菊池風磨や水原希子、山本美月なども実力派俳優たちが上手くカバーできるような適役に配置されていた。

そして何より、本作の成功に欠かせなかったのは草なぎの演技力だろう。初回から怒り、憎悪、悲しみ、切なさ、優しさなどを表情、特に目の動きで表現する演技力の高さに「引き込まれた」という視聴者が続出。複雑な心境を持つ役を理解し見事に演じ切っていた。

草なぎは、3月6日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)にて、同局アナウンサー・軽部真一にインタビューを受けた際、自身の今の状況を「もともとSMAPだったので、今までより責任やプレッシャーを感じていないと言ったら嘘になるけど、楽しめてる自分もいるし、良いスタートを切れているんじゃないかなって思ってます」と語り、今後の展望について「自分のことを役者だと思ったことがないんですよ。そんなおおこがましくて」と謙遜しつつも、「演じるのは好きなので、10年後もこういう仕事をやっていたい」と役者業に前向きな姿勢を明かした。草なぎ主演の連続ドラマは、2008年の『猟奇的な彼女』(TBS系)こそ全話平均視聴率8.3%と爆死したが、その後は2013年の『独身貴族』(フジテレビ系)の最終回で9.6%を記録した以外2桁を割っていない。役者・草なぎの演技は今後も注目だ。

(ゼップ)

外部リンク(messy)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス