最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

関ジャニ∞『スパイダーマン』の主題歌を担当 横山裕「ジャニーさんはファミレスがめっちゃ好き」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『スパイダーマン:ホームカミング』のジャパンアンバサダー就任式が17日、東京都内で行われ、関ジャニ∞が出席した。

スパイダーマンとアイアンマンの共演で話題となった本作は、15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)がスパイダーマンとなり、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)に導かれて真のヒーローになるまでの成長と奮闘を描く。

“日本を代表するヒーロー”として、映画公開まで盛り上げるジャパンアンバサダーに就任した関ジャニ∞メンバーは、スパイダーマン仕様の特製ジャケットで登壇した。

村上信五から「日本語吹き替え版の主題歌を関ジャニ∞で担当させていただくことになりました」と発表があり、「これはすごく大きい出来事。皆で映画の後押しをするのはもちろん、疾走感やスケール感に負けないような楽曲で、少しでもお力になれれば」と意気込みを語った。

安田章大は「ハロウィーンの時に、スパイダーマンになったこともあるのでうれしい」と喜び、錦戸亮は「スーツを着ろと言われたので、あっちを着られるのかなと思っていました。このジャケットも赤と青を基調としたスパイダーマンカラーなのでうれしいですが、機会があればあっちも着たい」と劇中で主人公が着用するスーツへの憧れをのぞかせた。

スパイダーマンの魅力については、大倉忠義が「家族や好きな人だったり、身近な人を守るために戦っているイメージがすごく強い。親近感につながるし、感情移入するところだと思う」と語り、丸山隆平も「なんと言ってもスピード感。糸が出てスパイダーマンと一緒にビルを飛び移っているようなスピード感と臨場感じゃないですかね」と満面の笑顔で糸を出すスパイダーマンのポーズを決めた。

15歳の主人公にちなみ、それぞれの15歳のころの思い出を問われると、偶然にも15歳の誕生日から仕事を始めたという渋谷すばるが「アイドル雑誌の撮影をして、翌月にそれが発売された時に、学校の中庭を歩いてざわざわされたのが、ものすごく気持ち良かった印象があります」とほほ笑ましい思い出を振り返った。

安田、錦戸と同期の大倉は「2人は仕事が増えていく中、僕は減っていく一方で、ちょうど1本も仕事がなかった時期。もうちょっと早めにロバート・ダウニー・Jrみたいなジャニさんに来てほしかった」と笑いを誘った。

15歳でジャニーズ事務所に入ったという横山裕は「ジャニさんにファミレスに連れて行ってもらうのがすごくうれしかった。ジャニさんはファミレスがめっちゃ好き。『ファミレスはなんでも食えるから一番だよ』って言われました」と懐かしんでいた。

映画は8月11日から全国ロードショー。

外部リンク(テレビファン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス