最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

優しいフツメン彼氏より弱ってるイケメンを取る主人公に「イラッ」/『東京タラレバ娘』第九話レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 15日放送の『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)第9話。奇しくも放映時間がWBCイスラエル戦(テレビ朝日系)と被ってしまい、平均視聴率は8.5%と初の1桁台を記録。さらには、連続ドラマと言えば最終回の1話前が一番盛り上がる(で、最終回は一番つまらない)のが定説のはずなんですけど、今回は視聴していてただただ腹が立ちました。主人公の倫子(吉高由里子)に!!!

とはいえ今回、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)は、ものすごい頑張ったんです。まず発熱で寝込んでいる香のもとに、お店(香のネイルサロン)のブログを読んだ涼ちゃん(平岡祐太)がお見舞いにやってきます。先週、香が頑張って振り切った&KEY(坂口健太郎)に「彼女と別れないなら香を自由にしてやれ」って言われたのに。しかし、意志の堅い香は、家のドアを開けずに「こういうの迷惑だから。私たちもう別れたんだよ? 私もう涼ちゃんとは会わないからね」とぴしゃり。さすがの涼ちゃんにも響いたようで「ごめん、悪かった。お見舞いここに置いとくから」と、2人の思い出の品“みかんの缶詰”をドアノブにかけて帰るのでした。

そして、小雪。お父ちゃん(金田明夫)がぎっくり腰になり、呑んべえを休むことになって小雪ひとりでお店を回すことに。丸井(田中圭)をお店に呼んじゃいまして、丸井は「今日、ずっと一緒にいたくなっちゃった」「うちに来ない?」なんて提案を。はいクズ~。もちろん小雪は「さすがにそれはやらない、ルール違反だよ」と拒むのですが、「最初で最後にするから」と上目遣いで見つめてくる丸井に流され、お邪魔しちゃいます。

家に入ると奥さんが選んだカーテンが目に入り、奥さんが選んだソファに腰掛け、奥さんが選んだグラスで水を出され、奥さんが選んだベッドで……早速ズーンとする小雪。すると丸井は「小雪さん、見ないで」と小雪の眼鏡を外し、「僕のことだけ見て」とキス。はいクズ~。丸井の捨てられた仔犬のような淋しげでウルウルした瞳も、鼻にかかった可愛くて甘い声も、ぽてっとした唇も、何もかも全部が嫌!

そして迎えた朝。ベッドの中で「朝ご飯作ろっか?」「やった!」なんてラブラブしていると、丸井のもとに「妻が緊急帝王切開する」という電話が入ります。飛び起きて身支度を整え、さくっと家から出ていってしまう丸井。ひとり部屋に残された小雪は、「大丈夫、私はいつだって何でも冷静に器用にこなしてきた」「大丈夫、私はサバサバした大人の女」と自分に言い聞かせます。そこへ、幻覚のタラ&レバが現れ「サバサバしてると見せかけて、本当は誰よりも生臭いシメ鯖女タラ~!」「女のプライドはないレバかぁ~?」「不倫女に明るい未来はなーーーい!!」。

その夜。丸井から「謝りたい」と連絡が入り、駆けつけた小雪は、「私、目が覚めました。今まで丸井さんの可愛いなって思ってたところとか、好きだなって思ってた気持ちも全部、なくなっちゃった。私と別れてください。さよなら」と、ついに別れを決めることが出来ました。

というのも、別れ話をする前に、小雪は丸井に淡々と嫁の様態や子供のことを尋ねたんですよ。そしたら「危険な状態だったけど、なんとか無事終わってくれて安心した」「正直ひとり目の時は実感湧かなかったんだけど、今回はちょっと感動しちゃった」と言いつつ「……今度、今日の埋め合わせさせてよ」と。小雪は「この人は、(今までは逃げてたけど)お父さんになったんだ」と悟るのです。ていうか……そんな誘い方をされて喜ぶ女なんているんですか? そもそも、嫁が緊急帝王切開したその晩にすることじゃないですよね? これが既婚男の不倫相手への誠意だとでも思っているのでしょうか。小雪が立ち去る前には「本当にこれで終わりなの?」……小雪が振ったシーンは本当にスカっとしましたね。さっさと家帰れクズ!

さて、問題の倫子。早坂さん(鈴木亮平)と付き合い始め、餃子屋さんで乾杯して、コンビニでお酒とつまみを買ってのんびり宅飲みし、家でバラエティを見て一緒に笑い、うたた寝したら毛布をかけてくれて、寝ている間にお皿を洗ってくれる早坂さん。倫子的には「誰かと一緒に暮らす時だけに必要な幸せの象徴」らしい土鍋を「買おう!」と言ってくれたり、「一緒に物件を見に行こう」と同棲を提案されたり、「楽~!」「収まるところに収まりました☆」と早坂さんとの幸せに浸っていました。

買ったばかりの土鍋で鍋をやるぞ、という当日。倫子はお酒を買い込み、「作って待ってますね!」という優男・早坂さんのもとへ向かう途中、酔い潰れて道に座り込んでいるKEYに遭遇します。その日、KEYは亡くなった奥さんの7回忌で、お義父さんに「もう十分だよ、もう娘のことは忘れてくれて良い。きっと娘もそれを望んでいる。君は君の人生を歩きなさい」と言われたことにショックを受けたのだと言います。「何だったんだろーな。俺たちの結婚。意味あったのかな」「彼女が俺のこと好きだったかもわかんないし」「彼女、本当に幸せだったのかな」と初めて弱音を吐くKEY。

倫子は「馬鹿じゃないの?」「結婚が正しかったのか、幸せだったかなんて私にはわかんない。でもアンタに対してどんな気持ちだったかはわかるよ」「余命宣告されて『もっとあーしてれば』って後悔して、自分のこと嫌になったと思う。そんな時アンタがいてくれたんだよ? 結婚したいって夢も叶えてくれて……感謝しかないよ。そんなこともわかんないで、いつまでも後悔して前に進めないでいるなんて、アンタこそタラレバ男じゃん」と一喝。

するとKEYは、亡き妻が呑んべえの常連だったそうで、どんなお店だったのか気になって行ってみたら倫子たちがいて、彼女と重なって見えたのだと明かしました。やたら絡んできたのは、「そんな風に愚痴ってる暇なんてない」「そんなことばっかやってたら、いつか後悔したまま死んじゃう」ことを伝えたかったそう。さらに、「アンタたちがタラレバ話で盛り上がってるのを見ればみるほど、俺は腹が立った。腹が立って……羨ましかった」と号泣するKEY……あー、そうなんだ。

倫子のもとには、鍋の支度を終えた早坂さんから着信が来てるのに、倫子はそれを無視して、目の前で泣き続けるKEYを抱きしめちゃいました。「振り返らないって決めたはずなのに、私は今、目の前にいるこの人を放っておくことはできない」と。

早坂さんは、家で鍋を作り終わって心配そうな顔で電話に耳をあてているわけで。倫子、せめて連絡しろよ! 確かに鬼コーチ・KEYの涙や弱音はギャップ強すぎてやられますし、1回ヤッてるし、とっさに抱きしめちゃいたくもなりますけど、まあ倫子は早坂さんに「恋」はしてないんですわ、要するに。

きっとこのシーンは本ドラマいちの見せ場として設定されたのでしょうが、倫子が自分勝手すぎて何も心に響きませんでした。もしKEYが第三者で、倫子が泣いてる男を抱きしめている光景をいつもみたいに遠くから目撃していたら、喝が飛ぶでしょうね。まだフラフラしたいなら、結婚したいなんて言わなきゃ良いのにって心の底から思います。まさかのKEYエンドだけは止めてください!!!

(ドラマウォッチ:ナチョス)

『東京タラレバ娘』レビューはコチラから!

・『東京タラレバ娘』ドラマ化で数々の重要な設定を変更したのはナゼ?/第一話レビュー

・『東京タラレバ娘』ラブシーンに発狂者続出も、幼稚なセックス観に胸焼け/第二話レビュー

・『東京タラレバ娘』不倫、浮気、ワンナイトの男にハマってる女に正論は通じない/第三話レビュー

・『東京タラレバ娘』女の友情で絶対にやってはいけないこと/第四話レビュー

・『東京タラレバ娘』アラサー女は勝手に逃げることも許されないのか?/第五話レビュー

・『東京タラレバ娘』10年後に独身のまま後悔するような恋愛でも、やめられない/第六話レビュー

・『東京タラレバ娘』ファンタジー展開突入!「アラサー独女の厳しい現実」どこへやら/第七話レビュー

・『東京タラレバ娘』平岡祐太のクズ男&榮倉奈々の泣き演技が秀逸! 鬼畜男との別れに涙/第八話レビュー

<そのほかのドラマレビューはこちら>

▼カルテット

▼A LIFE~愛しき人~

▼突然ですが、明日結婚します

▼奪い愛、冬

▼バイプレイヤーズヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~

外部リンク(messy)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス