最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

自称「真面目すぎる」NEWS小山慶一郎の奔放な女性関係、横柄な態度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NEWS小山慶一郎(32)の「旅館貸し切りプライベート音声」がTwitterに流出し、数日前からファン界隈では大騒ぎとなっている。報道番組でキャスターなどを務め、真面目な好青年ぶりをアピールしてきた小山だが本性は裏腹なのだろうか?

流出した音声は、昨年下旬に小山が旅館に女性30人を集めたお泊り会を開き、王様ゲームをしている様子などが録られたもの。ガヤガヤ騒がしい中で小山らしき男性の声で「(NEWS「恋のABO」のサビを口ずさむ声)おいでー楽しいことできるよ」とゲーム参加者を集めたり、「絶対内緒なんですけどー。ツアーが決まってまして。結構大きいとこでやるんで。あのエッグでやるんで、卵型のエッグでやるんで。よかったら皆さん水道橋にお越しください!」と東京ドーム公演を予感させるなど今後のツアー情報まで漏らしてしまっている。小山が2014年7月に放送されたラジオ番組『KちゃんNEWS』(文化放送)にて、大人数で旅行に行き旅館を貸し切ったという近況を話していたことから、その際の隠し録り音声が流出したと見られている。流出音声はこの旅館貸切モノだけではなく、小山の誕生日会で録音されたというデータもある。

テレビ画面から伝わる小山の落ち着いたマジメな印象とは真逆の、ウェイウェイしたパリピなノリに、ファンはドン引き。小山は2010年から夕方の報道番組『news every. 』(日本テレビ系)にサブキャスターとして出演し、14年からはメインキャスターに昇格し現在7年目だ。選挙特番『ZERO×選挙』(同)にも二度駆り出されるなど、の櫻井翔に次ぐ「硬派な仕事のデキるジャニタレ」として名を馳せていただけに、今回のプライベート音声流出は大きなイメージダウンである。のみならず、つい最近はアイドルグループ・放課後プリンセスの候補生(当時)の太田希望(24)と熱愛が噂された結果、太田はグループを解雇されたが、小山はだんまりでノーダメージという“事件”も起こっており、立て続けにプライベートが暴露されたことでファン離れが懸念される。

だがNEWSの熱心なファンやジャニーズに詳しい人々にとっては、そこまでの驚きはなかったのかもしれない。小山はまったくのノースキャンダルでここまで来たわけではなかったからだ。

2013年11月号の『実話ナックルズ』(ミリオン出版)では、クラブのトイレでセックスをしたうえに、その女性に排尿姿を見せて「ティッシュで拭いて」と性器を拭かせるように指示して断られていたという実に生々しい話が掲載された。2014年3月発売の『フラッシュ』(光文社)では、会員制のカラオケバーでナンパし、舞台の関係者席を用意するなどの好待遇をして関係を持った女性に、セックス中の行動を暴露されていた。それによると小山のアレのサイズは細長く、「気持ちいい?」と何度も聞いたり、電気をつけたままするタイプでもあるそう。2012年にも、誕生日パーティーでファンやその女友達を呼んでナンパしていたとTwitterで暴露されていた。とはいえ、それら雑誌報道やTwitterでの暴露も、小山ファンにとっては「信憑性が低い話」であり「ガセ」だと思い込むことは出来た。ただ音声は動かぬ証拠になってしまう。

女性関係以外でも、小山が品行方正な優等生タレントというわけでもないと言えるエピソードはいくつか語り継がれている。特に、上下関係の厳しさが残るジャニーズ事務所に属しながら、先輩への礼儀がなっていない点については、先輩方のファン勢から厳しく指摘されてきた。たとえばKAT-TUN亀梨和也(31)に大して「亀梨の顔はモザイクかかってるのか、かかってないのか分からない顔」と発言、関ジャニ∞へ「素人同然の関ジャニなんか邪魔なんだよ」、自分が先にデビューしたとはいえ入所順では先輩の生田斗真(32)やA.B.C-Z五関晃一(31)を呼び捨て……さらにNEWSがタイアップし応援していた女子バレーの選手を「デカ過ぎて引く」と評したエピソードはあまりに酷い。もちろんこれが小山の人間性のすべてではなく、NEWSメンバー間で信頼を寄せられているなど良い面も当然ある。だが2016年10月放送の『上には上がいるもんだ』(日本テレビ系)に出演した際に、小山は自分のことを「真面目すぎて芸能人として大丈夫か? となる」と言っていた。その自己評価には疑問符が100個ほどついてしまう。

熱愛にしろ、音声流出にしろ、ワイドショーで報じられることは絶対にあり得ず、日テレの報道番組キャスターとしての地位はこの程度で揺らがないと考えられる。ただ、タレントとしての虚像と実像の落差があまりに激しすぎるため、今後もプライベートがこの調子ではいずれタレント生命を脅かす事態が起こらないとも言えない。「真面目キャラ」でいくつもりならば、そのことは重々肝に銘じてほしいものだ。

(ゼップ)

外部リンク(messy)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス