最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

大島優子の悲恋に反響「どんだけ好きでも叶わない」『タラレバ娘』第9話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉高由里子が主演を務める連続ドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)。3月15日放送の第9話では、大島優子演じる小雪の恋愛に転機が訪れた。

原作は、既刊5巻で180万部を突破した東村アキコによる同名人気コミックス(講談社「Kiss」連載)。主人公は、30歳、独身、売れない脚本家の鎌田倫子(吉高)。彼氏もおらず、親友の香(榮倉奈々)、小雪とともに居酒屋で女子会ばかり繰り返す日々。タラレバ話ばかりしていると、突然、金髪イケメン年下男子・KEY(坂口健太郎)に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまい、ハタと厳しい現実にブチ当たる。そんな3人が、悪戦苦闘、右往左往しながら幸せを求めて恋に仕事に奔走する姿が描かれる。

第9話で倫子は、早坂(鈴木亮平)と付き合い始めたことで、気取らない店で好きなものを食べたり、一緒にテレビを見たりして過ごす「フツウ」の幸せを実感する。ようやく“おさまるところにおさまった”倫子を、香と小雪は心から祝福。早坂から「一緒に暮らそう」と提案され、さらに舞い上がる。一方の香はKEYに背中を押されて、ずるずると付き合ってしまっていた元カレの涼(平岡祐太)と別れ、セカンドのポジションを卒業し、気分新たに婚活を再スタート。KEYは亡き妻の七回忌の法要で、義父から「娘のことは忘れてほしい」と言われショックを受ける。

そんなある夜、小雪は父・安男(金田明夫)がぎっくり腰で寝込んでいるのをいいことに、丸井を呑んべえに呼ぶ。すると、丸井が「今日、ずっと一緒にいたくなっちゃったな。家なら朝早くても平気だから来ない?」と誘う。これには小雪も「ダメ、それは絶対にやらない。ルール違反だよ」と拒否するも、丸井の「最初で最後にするから」という言葉に負けて、家に上がることに。さらに、「奥さんが選んだカーテン、ソファ、グラス、ベッド」と複雑な想いを抱えながらも、「相手の要求を仕方なく聞いているふりをして、雨のせいにして、私はまた1つ罪を犯す」と夜を共にしてしまう。

しかし翌朝、丸井の携帯に里帰りしている妻の緊急帝王切開の連絡が入る。そして後悔の念が混じる小雪のもとに、心の声を具現化した妖精のような生き物「タラとレバ」が現れ、「不倫女に明るい未来はない!」と小雪を責め立てる。その夜に丸井と再会し、悩んだ末に別れを選ぶのだった。

この展開に、ネット上では、「タラレバ見てるけど丸井さんクズすぎ。いくら田中圭でも許さへん」「どんだけ好きになったとしても叶わないからな~」「タラレバの田中圭最低だけど最高だな!!」と反響を集め、「もともと馴染み過ぎててびっくりしたけど、今週はより綺麗で切なかった」「タラレバ優子かわいくて切なくて何回も見ちゃう」と、大島のキャスティングを絶賛する声が続出。

また、「TVerでタラレバの1話見たけど、マミちゃんに告白しよーってする早坂さんのことボロクソ言いよる倫子には笑ったw」「実は第1話だけ観ていなくて、今TVerで観てみたら、後半の伏線になるような描写もあって、8話以降のKEYくんの変わり方もまぁ合点がいくかな」など最終回に向けて民放公式テレビポータル「TVer」で行われている、「『東京タラレバ娘』最終回直前 1~3話振り返りSP」で過去の話を振り返る視聴者のコメントも見受けられた。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス