最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

「奇跡の親子共演」を実現したジャニーズアイドル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 芸能人の父を持つジャニーズアイドルで、父子ともに美男子。そんな美しすぎる親子が、舞台で夢の共演を果たしたことがある。それは、2016~17年に東京ドームで開催された大みそか恒例ライブ『ジャニーズカウントダウン2016-2017』でのこと。この舞台で仲むつまじい親子共演を見せ、ファンを歓喜させたのは、Hey!Say!JUMPの岡本圭人だ。父は、言わずと知れた元男闘呼組岡本健一。健一も今なおジャニーズ事務所に所属しているため、二人は唯一の二世代ジャニーズアイドルとなっている。

この年のカウコンでは、恒例の“シャッフルメドレー”で、酉年生まれのスペシャル共演が行われた。ジャニーズ内の年男総勢11人が男闘呼組の『TIME ZONE』を熱唱したのだが、ここにHey!Say!JUMPから今年24歳になる圭人と山田涼介、知念侑李、中島裕翔が参加。そして父の健一も年男だったため、往年のヒットナンバーでの親子共演がかなったというわけだ。二人は14年末に開催された『ジャニーズカウントダウン2014-2015』でも一緒にステージに上がっていたが、そのときは歌やダンスでの共演がなかったので、今回は多くのファンにとってうれしい一夜となった。

実はこの二人は、17年1月9日にも東京の帝国劇場で上演された舞台『ジャニーズ・オールスターズ・アイランド』で共演している。Kis-My-Ft2やSexy Zone、A.B.C-Zといったグループが出演していたこの舞台は、日替わりのゲストキャストも目玉だった。この日の昼公演には、健一&圭人親子がゲストとして登場。二人で『Midnight Train』を熱唱した。さらにトークコーナーでは、圭人が野菜と魚が嫌いなことを健一からバラされるなど、親子ならではのやりとりも見られた。

親子共演といえば、SixTONES京本大我と、父親である俳優の京本政樹も共演を果たしている。二人はともに、ジャニー喜多川社長からスカウトされた経験がある。父の政樹は、中学生のときに友達がジャニーズ事務所に送った写真がジャニーさんの目に止まり、スカウトされたものの、悩んだ末に断った。一方、ジャニーさんが偶然写真を目にしてスカウトした大我は、「ユー、来ちゃいなよ」と誘われたKAT-TUNのライブでいきなりステージに上げられ、そのままジャニーズJr.になってしまった。

京本親子は、タッキー&翼の滝沢秀明が主演するミュージカル『滝沢歌舞伎2013』で初共演を果たし、劇中の演目『源義経』では父が弁慶、大我は新之助にふんした。二人のアドリブシーンがファンには好評で、翌14年も続投。さらに二人は、テレビでも『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で共演している。

父から端正な容姿と才能を引き継いだ岡本圭人と京本大我。これからますますの活躍が期待される二人だ。


外部リンク(日刊大衆)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス