最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

嵐・二宮の「つよポン兄さん」に、ファンほっこり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 3月9日に放送されたバラエティ番組『VS』(フジテレビ系)で、嵐の二宮和也(33)が、元SMAPの草なぎ剛(42)を独特の呼び方で呼び、「かわいい」と話題になっている。

この日の放送で草なぎは、ドラマ『嘘の戦争』(フジテレビ系)の告知のためにVTR出演した。嵐メンバーの草なぎの呼び方はそれぞれ違うようで、櫻井翔(35)は「先輩、VTRどうもありがとうございます」と「先輩」呼び。松本潤(33)は「剛くん」と、ジャニーズ事務所の定番である「くん」づけ呼びだった。そんな中、独特の呼び方をしたのが二宮。草なぎの性格について語った際、さりげなく「“つよポン兄さん”はすごく凝る人」と、かなりフランクな呼び方を披露したのだ。

これにファンは騒然。放送中からSNSには「つよポン兄さんって言った~! すごいほっこりする」「嵐は草なぎくんの呼び方がいろいろすぎる……にしてもつよポン兄さんには笑った」「なんてキュートな呼び名でしょう!」「呼び方にキャラが出てて面白い」「つよぽん兄さんは初めて聞いた!」といった反響が多数上がることとなった。

「上下関係のしっかりしているジャニーズ事務所にあって、二宮はわりと先輩の懐に入るのがうまいようなんですね。『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)に俳優の八嶋智人(46)が出演した際、二宮が初対面のときから距離が近かったというエピソードを語ってまして、“人たらし”だと褒めてました」(アイドル誌ライター)

音楽番組『Music Lovers』(日本テレビ系)に、嵐と俳優の勝村政信(53)が出演した際、勝村も二宮の距離感についてコメント。二宮は、10代の頃から勝村に頻繁に連絡をしては「ごはんを食べさせてほしい」とおねだりしていたという。さらに、久しぶりに会った勝村が「最近何やってるの、連絡もしないで」と話しかけたときには、二宮が「俺が(連絡)するの?」と後輩とは思えない返しをしたという。勝村はガッカリした様子を見せていたが、けして怒ってはおらず、二人の関係性の良さをうかがわせた。

草なぎ剛も、二宮和也の「つよポン兄さん」という呼び方を喜んでいるに違いない。


外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス