最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

カリスマ男の娘・大島薫「仕事での失敗後に、堀江貴文さんからかけてもらった言葉」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

◆珍しく酒を飲みすぎて大失敗した!

先日、久しぶりに堀江貴文さんとお会いした。

昨年12月に週刊文春の記事が出てから、お互い「友だち」と公言しつつも、なんとなく会いづらく、席を同じくするのは今年になって初めてのこと。迷惑をおかけしたなと思っていたが、複数の友人たちに囲まれた堀江さんは、いつも通りなんでもないような感じで普通に接してくれた。ちなみに、この記事も堀江さんに許可を得た上で掲載している。

その日、ボクは堀江さんにLINEで「今日は落ち込む出来事があった」と告げていた。実は一件、仕事でミスを犯してしまったのだ。

ボクは根っからの仕事人間であまり外に出ることは好きではない。何を得られるかもわからない外で無駄な時間を過ごすより、確実に成果の得られる仕事の時間のほうがよっぽど有意義だ。こういうところを見ると、ボクは自分のことを「やっぱり男脳的だな」と思ってしまう。

しかし、色々な編集者に「外に出ない作家はダメだ」と言われることが多くなってきて、最近は意識的に外に出るようにしていた。先日知人からの誘いで参加した飲み会に、いまボクが応援している現役の男の娘セクシー女優・リンドル星川ちゃんがたまたま出席しているのを発見。リンドル星川ちゃんはボクと同じく、女性ホルモンや性別適合手術を受けていない純粋な女装の男性だ。初めて会ったときも思っていたが、やっぱりかわいい。

リンドルちゃんと会えたことが嬉しく、その日はつい飲み過ぎてしまった。翌日、打ち合わせの予定があったことをすっかり忘れていて、急いでクライアントに連絡をし、平身低頭で謝り倒し、すんなり許してもらうことはできた。

しかし、ボクの心は穏やかではいられない。フリーになってからこのようなミスは初めてのことだ。他人に迷惑をかけたときはきまって、胸が痛くなり、呼吸が浅くなる。それと同時に自分の仕事への冒涜だと感じた。

「大島薫」という活動を始めておよそ4年。この名前を世間に広めることだけを考えて生きてきた。遊びや恋愛に余所見することなく、精一杯活動を続けてある程度の成果はあげてきたつもりだ。だから、先の編集者たちの「外に出ない作家はダメだ」という言葉にも、半ば納得がいっていなかった。そして、半信半疑でやってみた結果がこれだ。

こんなことでは何のために自分の人生の大半を費やして、「大島薫」をやってきたのか意味がわからない。ボクを信じて仕事をくれた人たちにも、ボク自身にも失礼だと思った。

◆夜道を歩きながらの堀江さんとのやりとり

堀江さんから指定されたショットバーに到着し、久しぶりの会話を楽しむ。しかし、そんなことがあったからか、ボクはどこか心ここにあらず。落ち込んでる話を、無関係の堀江さんにするのもウザがられるのではと思い、自らそれを説明することはしていない。

夜道、タクシーを探して帰ろうとみんなで歩いていたとき、堀江さんは突然こんなことを言った。

「俺はさ、恋愛と仕事だったら恋愛を優先してきたんだよ」

すべてを見透かしたかのような発言に、ボクは最初「ウソだ」と失礼ながら思った。堀江さんが頻繁にテレビに登場するようになったとき、ボクは高校生で、世間の人と同じ目線で彼を見ていた。テレビで観る堀江貴文は、何でもわかっているクレバーな存在で、逆にわからない人の気持ちを理解しない人間味のない人に思える。

しかし、だからこそ堀江さんはいまの地位を築けたのだ、と実際の彼を見ていてもボクはそう感じていた。そして、ボクもそういう人間にならなければいけないと信じていたのだ。

だからボクは素直に「意外だね」と言った。すると、堀江さんは

「そんなことないよ。俺は、もし仕事とデートの約束がかぶったらデートを優先するタイプだよ」

でも、そしたら仕事ができなくなるじゃん。それで”たかぽん”みたいに成功したりできないでしょ? と食い下がるボク。

「いや、むしろ、俺はそうだったから《今》の俺があると思うね」

本当にボクはその言葉の意味がわからず、またしても「うそっぽい」と正直に返してしまった。

「それで失敗したときは、あとで仕事の人に『すみませんでした』って謝ればいい。君もそれでいいんだよ」

……。

「そういう人のほうが、もっと人に好かれる人間になれるし、そういう人の元に仕事のオファーもやってくる。なによりそのほうが魅力的だと思うよ」

どうしてこの人はそんな言葉を言えるのだろう。全てをわかっている人なのに、本当はボクらが何もわかっていないことについても、彼はわかっているのだ。

ボクはいまだに自分のしでかしたことについて、納得がいっていない。なにが正しかったのか、わからない。しかし、わかっていないことをわかるために、今日も自分の感情と向き合いながら、生きている。

【大島薫】

作家。文筆家。ゲイビデオモデルを経て、一般アダルトビデオ作品にも出演。2016年に引退した後には執筆活動のほか、映画、テレビ、ネットメディアに多数出演する。著書に『大島薫先生が教えるセックスよりも気持ちイイこと』(マイウェイ出版)。大島薫オフィシャルブログ(http://www.diamondblog.jp/official/kaoru_oshima/)。ツイッターアカウントは@Oshima_Kaoru


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス