最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

25年目『忍たま乱太郎』他 NHKアニメが長寿になる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『徹子の部屋』、『新婚さんいらっしゃい!』など長寿のトーク、バラエティー番組は多いが、粘り強く続いている番組はアニメにもある。そのひとつがNHK Eテレのアニメ、『忍たま乱太郎』、『おじゃる丸』だ。20年を超える長寿になっている背景には、ちゃんと理由がある。コラムニストのペリー荻野さんが解説する。

* * *
 アニメの長寿番組といえば、真っ先に挙げられるのは『サザエさん』。『ちびまる子ちゃん』や『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』なども人気だ。そんな中、2017年度にNHK Eテレの『忍たま乱太郎』が放送25年目、『おじゃる丸』が20年を迎える。どちらも10分間の短い番組だが、実はこの二作には、他のアニメとは一味違う力がある。

『忍たま乱太郎』は、戦国時代、先祖代々「ヒラ忍者」である両親のもとに生まれた主人公の乱太郎が、「忍術学園」に入学。「一年は組」の忍者のたまご「忍たま」として、堺の大貿易商の息子しんべヱや、小銭を稼ぐためアルバイトに励むきり丸ら同級生や先生たちと一流忍者を目指す物語。

手裏剣や火薬の扱いなど忍術の解説を交えながら、友情やゆるいギャグ、キテレツな敵キャラとの戦いなどが描かれる。子供たちが夢中になる要素は満載だが、それとは別の隠れた一面もある。

たとえば歌。不変の番組テーマ「元気・勇気・友情」を象徴するオープニング主題歌『勇気100%』は代々、25年間ジャニーズの新進グループが歌うのがお約束。これまで初代の光GENJI、光GENJI SUPER 5、Ya-Ya-yah、Hey!Say!JUMP、NYC、Sexy Zone、ジュニアBoysと歌い継がれている。

エンディング曲は中山エミリ、上戸彩、石川さゆりまでさまざまだが、関ジャニ∞やSexy Zoneが歌った時期もあった。つまりアニメを楽しむこどもたち世代が、ジャニーズグループの歌と出会う機会になり、同時に母親世代にもアピール、熱烈なジャニーズファンをも取り込む、ジャニーズソング番組でもあるのだ。

また、一見、児童(乱太郎は一年生だが、10歳で、いて座のO型)主役のようだが、彼らと関わる「上級生」たちがなかなかの美少年。アニメ好き女子たちの隠れたアイドルにもなっているのである。

数年前、東京で開催された忍たま乱太郎企画展には、子供たちに交じって、多くの若い女性ファンが来場。乱太郎の担任の土井半助先生や剣豪先生の戸部新左エ門、忍術学園四年生の平滝夜叉丸(13歳)、斎藤タカ丸、田村三木ヱ門、六年生の立花仙蔵などわかる人にしかわからないイケメンキャラに注目が集まっていた。(ちなみに実写映画で土井先生役は三浦貴大、戸部先生は山本耕史が演じている)「萌え」要素もたっぷりなんですな。

一方、千年前のヘイアンチョウから現代にやってきた五歳のやんごとなきお子様を主人公にした『おじゃる丸』。こちらは動くのも風呂に入るのも嫌いというわがままおじゃる丸と世話係の虫デンボ、彼らを家族のように迎えたカズマ一家を軸にした物語だが、時にすごい「スペシャル」がある。

中でも反響が大きかったのは、終戦70年の2015年8月に放送された「わすれた森のヒナタ」。記憶のない少女ヒナタと知り合い、開けてはいけない扉を開けたおじゃる丸たちは「戦争」があったこと、その事実を知らなかったことを知る。この他、笹野高史がぼろい神社の柱の小さな芽になって、樹木が観てきた長い歴史を語る「満願神社は生きている」(2011年)など、命や人とのつながりについて何気なく考えさせられる名作も多い。

一方で『真田丸』のパロディ(?)や17歳の美少年おじゃる丸が現れたり、遊びもできる。笑ってもいい。泣いてもいい。萌えてもいい。二番組が幅広い層に支持され、長く続く理由はこれだ。

外部リンク(NEWSポストセブン)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス