最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

菜々緒に”愛されキャラ”は無理か?素の悪女ぶりと新ドラマへの不安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の菜々緒(28)が、4月スタートの新ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)に出演することが決定、「みんなが友達になれたら」という願いを持った愛されキャラクターを演じるという。KAT-TUN亀梨和也(31)と山下智久(31)の共演が話題の同作で、菜々緒は共演の木村文乃(29)演じるヒロインの親友役だ。これまでの“悪女キャラ”から一変した菜々緒が見られるとも注目が集まっている。

菜々緒は、2014年の『ファーストクラス』(フジテレビ系)で、あの沢尻エリカ(30)演じる主人公を妬む役回りで“悪女”としてブレイクした。2015年の『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(同)では、整形した元キャバクラ嬢の連続殺人鬼役という狂気的な役を見事に演じ、世間から高評価を得ている。現在放送中の医療系ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)では、家庭がある副院長と不倫関係を持ちながらも、冷徹に立ち回る弁護士役もどハマりの悪女っぷりで演じている。

このような悪女役はもはや「菜々緒にしか出来ない」とまでいわれており、業界内でも需要が高まっている。それだけに、新ドラマでのキャラクターがどのような評価を受けるのか気になるところだ。

「これまでになかった新キャラに対して、本人は『凄く楽しみにしています!』とノリノリだといいます。しかし、元々演技力がそこまで高い方ではないだけに、自分の持ち味でないキャラクターを、果たしてしっかりと演じることが出来るのか、業界では不安視されているようです。菜々緒が持ついい部分がまったく出せないだけに、何の面白味も出なければ、せっかく悪女キャラで築いた評価を下げることになるかもしれません」(テレビ局関係者)

悪女を演じれば好感度が上がり、愛されキャラを演じればむしろ好感度が下がる可能性があるというのだから、なかなか皮肉なものである。

■プライベートでは度を超えた“怖女”?

バラエティ番組などでは、物おじしない発言で度々視聴者からのクレームを招くなど、タレントとしても“悪女キャラ”を確立している菜々緒だが、キャラではなく、プライベートでもその悪女ぶりは見られるようだ。実際、演技で見せる迫力を遥かに凌いでいるという。

「菜々緒といえば、過去にモデルのJOY(31)と交際していたと報じられていますが、破局の原因が菜々緒だったというのは有名な話。JOYが『ダウンタウンなうSP』(フジテレビ系)に出演した際には、元カノから頭突きを食らうなど『ボコられた』と語っていました。名前こそ出さなかったものの、その相手は菜々緒じゃないかと話題になっている。プライベートでは悪女の度を超えているようですから、彼氏と長続きしないのも納得ですね」(芸能記者)

最近では熱愛の噂が全くないのも、彼女の怖女っぷりが業界で有名になってしまったからだともっぱらの噂だという。今回のドラマで新境地となる愛されキャラを演じきり、プライベートに生かしたいとも考えている……。のかもしれない。
文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)
※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

外部リンク(デイリーニュースオンライン)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス