最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

長澤VS岡副ほか「芸能美女VS女子アナ」艶々五番勝負

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 近頃相次ぐ、芸能美女や女子アナのお色気報道。不倫、二股愛、セクシー発言……なんともけしからん事態ばかりが漏れ聞こえてくるが、芸能美女と女子アナ、いったい、どちらがよりゆるいのか!? 竜虎相うつ、五番勝負をお届けする!

まず先鋒は「不倫」対決だ。当然、芸能美女からは、2016年1月、“ゲス不倫ブーム”の先駆けとなったベッキー(32)がエントリー。改めて当時の状況を振り返ると、近年まれに見るゆるさがうかがえる。

「彼女はもともと、相手となった『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音の大ファン。15年夏に川谷が日本テレビの音楽番組に出演した際、彼と会いたい一心で、舞台裏で“出待ち”していたのが初対面。そのときの格好は、ショートパンツ姿で気合十分だったそうです」(芸能記者)

大騒動の原因となった『週刊文春』に掲載された2人のLINEのやりとりも、生々しさ十分。<卒論できたらけんちゃんにいっぱいワガママ聞いてもらおうっとー!笑><一緒に居られるだけで、ただただ幸せだった>などなど、川谷との不倫に溺れる様子が見て取れる。エッセイストの下関マグロ氏も息遣い荒く言う。

「文春に掲載された、ツーショット写真も生々しすぎます。この一件で、清純に見えて、実はベッキーからガンガン攻めていたことが分かりましたよね。テレビで番組スタッフの欲しがる言葉をドンピシャで言うトークテクを持つのと同様、相手のツボをドンピシャでつくテクニックを持っているのでは。そう考えると、彼女にハマった川谷の気持ちも十分に分かります……」

対するのは、昨年末、ゲス不倫を締めくくったテレビ朝日の田中萌アナ(25)である。相手は『グッド! モーニング』で共演していた先輩アナの加藤泰平(33)。スクープした週刊文春には、加藤を上目遣いで見つめる田中の姿や、深夜に田中のマンションに入る加藤の姿が掲載された。早くから彼女に目をつけていた女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が話す。

「田中アナは“山形出身の純朴少女”というのがウリで、目力に定評がありました。それが昨年、まぶたがゆるみ、トロ~ンとしてきたので、おかしいと思っていたんですよ。思い返せば、昨年1月の特番で“友達が欲しい。一人で過ごすのに疲れた”と、“誘って”と言わんばかりの寂しんぼアピールをしていたんです」

「加藤が手を出した」(前出の芸能記者)と言われているが、どうやら最初に罠を張ったのは彼女のほうかもしれない。既婚者を骨抜きにするという意味では、不倫対決はドローか!?

お次は、“二股されてしまった”女たちだ。昨年12月、週刊文春でHey! Say! JUMPの伊野尾慧の二股が報じられたのが、“本命”のTBSの宇垣美里アナ(25)だった。「彼女は報道後、フジテレビの三上真奈アナ(27)が伊野尾宅に90分間一人で滞在したことについて、“あんなに短い時間できるわけない! だから慧クンは浮気してないもん!”と、豪語していたそうです」(写真誌編集者)

そんな宇垣アナは、「ワンサイズ下のYシャツやタイトなニットを着て、無駄に動いてバストを揺らすことで有名でした。昨年1月には同局の番組『ラストキス』で、キスについて“さくらんぼで練習しませんでした?”“好きになったら、好き! キスして! ってなる。自分からもいっちゃう”と赤裸々告白したことも」(前出の丸山氏)

芸能美女界からは、結婚寸前報道が何度も出ていた彼氏の松本潤の、セクシー女優・葵つかさとの4年にわたる二股愛が先頃発覚した、井上真央(30)が登場。「彼女は子役から芸能界で生きているため、負けず嫌いで競争意識が強いはず。対戦相手の葵に対し、井上も黙っていないでしょう」(前出の下関氏)

中堅対決は、心身を緩ませる“酒”が絡んだ女のバトル。まず、「大のワイン好きで、よくベロベロに泥酔している」(放送作家)というフジテレビの椿原慶子アナ(31)は、昨年、こんな姿が目撃されていたという。「西麻布のイタリア料理店で“来年は結婚しようね”と約束していたというんです。2人は相当酔っているように見えたそうです」(女性誌記者)

「安藤優子のお気に入り」(前出の丸山氏)として現在は報道一色な彼女だけに、泥酔話とのギャップは大きいのだが、「彼女は局内でも大酒飲みで評判で、偉いオジサンあしらいがピカイチ。オジサン共演者からセクハラをされても、色気を振りまきつつ上手にあしらっています。彼女と飲んだら、さぞ楽しいでしょうねえ」(前同)

そんな椿原を迎え撃つのは、ドラマ『東京タラレバ娘』(日テレ系)では居酒屋で飲むシーンが大半を占め、酔った勢いで男と寝てしまうという、ゆるい女を演じている吉高由里子(28)だ。

「トリスハイボールのCMで酒イメージがついた彼女ですが、もともと酒大好き。午前中から取材の日には、酒の匂いをプンプンさせて現場に現れたり、打ち上げの席でキス魔になることもある。最近でも自身のツイッターに女子会の動画をアップ。仲の良い近藤春菜と森カンナからキスをされていました」(前出の女性誌記者)

下関氏も、自信を持って言う。「吉高はよく熱愛報道が出ますが、恋愛というより、酒の肴にいろんな男をつまみ食いしているように思えます。破局話が出ている関ジャニ∞大倉忠義は、彼氏というレベルではないような気がします」 泥酔も男関係もコソコソしない吉高には、さすがの椿原アナも完敗か!?

さて、副将が競うのはセクシー発言だ。女子アナ界の女王といえば田中みな実(30)。その発言数は群を抜いている。「フリーになってから、よりいっそうぶっちゃけるようになりましたね。それも計算だと分かっているんですが、ついドキッとしてしまう。反面、男選びはダメンズ好きで、そこにゆるさを感じます」(丸山氏)

対するは、衝撃の発言をぶっ放したダレノガレ明美(26)。TBSラジオ『おぎやはぎのメガネびいき』で明かしたのだが、「“1年半くらい前に初めて吹きました。びっくりしちゃいました”と言っていましたが、僕はそれ、嘘だと思うんです。“初めて”と言ったのは、そのときの彼氏を喜ばせるため。それを公共の電波で言うなんて、なんて魔性なんだ!」(下関氏)

いよいよ大将対決は、露出好き同士の戦いである。ミュージカル『キャバレー』で、とんでもない格好で歌い踊っている長澤まさみ(29)は、数年前から、その露出癖がたびたび注目されている。

「昔から、やたらセクシーな衣装を着ていますが、観客の反応を見て自分も興奮しているのは間違いない。そういうところが、“もしかしたら手を引っ張れば、ついてきてくれるかも”と思わせますね」(下関氏)

対する女子アナ界の大将は、新星・岡副麻希(24)だ。「ショートパンツ姿でヨガをして開脚するのは序の口。昨年、ウォータースライダーのロケで、水着を食い込ませたままレポートしたのには仰天しましたね」(前出の放送作家)

丸山氏も「隙がありすぎる」と、おののく。「野球の始球式でもショートパンツ姿で、いきなりY字バランスをキメていましたが、女子アナは普通やらないですよ、そんなこと。お持ち帰りも簡単にされているのではと心配になりますね」

ということで、未知数の可能性を秘めた岡副に白星をあげたい。

さて、芸能美女VS女子アナ、勝敗は、芸能美女の2勝1敗2引き分け、がっぷり四つのバトルを僅差で制したのだった。


外部リンク(日刊大衆)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス