最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

TV引退宣言の佐藤愛子へ黒柳徹子が別れ際に言った一言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 その日、ツイッターは佐藤愛子さんへの驚きと絶賛の声で溢れた。

〈凜としたお姿に「ばんざーい」「めでたい」と言わずしてなんと言うか!!〉〈最高に面白かった〉〈とても93才に見えない〉……

3月1日、佐藤さんは『徹子の部屋』に1981年以来、3回目の出演を果たした(ちなみに1回目の出演は『徹子の部屋』が始まった1976年のこと)。

実に36年ぶりの再会となった2人。黒柳徹子さんが驚いたのも、佐藤さんの変わらない若々しさだった。実は本番前、スタジオに向かう佐藤さんを出迎えた黒柳さんは、しばし再会を喜んだ後、こんな質問をした。

「そんな速くお歩きになって、何か運動でもなさっているの?」

自分より10才も年上の佐藤さんの矍鑠(かくしゃく)とした様子がよほど信じられなかったのだろう。本番でも『九十歳。何がめでたい』がベストセラー(63万部)となっている「時の人」として佐藤さんを紹介すると、こんな会話が始まった。

黒柳「私、ビックリしたんですけど、さっさ、さっさとお歩きになっていましたけど」
佐藤「普段から歩きますよ」
黒柳「さっさ、さっさと?」
佐藤「せっかちですからね。何でも、たった、たったとやる癖がついているので。だからよく転んだり、いろいろしますよ(笑い)」

そして話は同書のことへ。昨年10月、冨士眞奈美さんが番組に出演した時にも一度、本書の話で花を咲かせた黒柳さん。改めて「本当に笑っちゃいました」と同書を思い出したように笑いながら感想を述べて、「おめでたいって言われるのが嫌なんですってね?」と話を振った。すると佐藤さんは、

「だって、めでたくないですよ。大体ね、目が見えなくなっていますし、歯は抜かなきゃいけないのが1本あって、忙しくて抜けない状態ですし、あちこち、そりゃあ悪いところが出て来ますよね。目眩はするし、よろめくし。記憶力は衰えるし」

と返したが、そうは見えないのが佐藤さんの困ったところ。声が大きいことから元気だと思われ、テレビや新聞、雑誌から、次から次へと取材が殺到中。一向に去らないブームに、佐藤さんはもう懲り懲りとばかりに一際声を大きくして宣言した。

「今日を最後に明日からは引き込む。本当に引退です」

安藤優子さんの熱意にほだされ出演した『直撃LIVEグッディ!』。「稲垣吾郎さんなら話しやすい」と出演を快諾した『ゴロウ・デラックス』。そして「他ならぬ徹子さんだから」と出演を決めた今回の『徹子の部屋』…もうテレビで見られないのか、とショックを受けたファンの皆さんに朗報をひとつ。

収録後も、別れを惜しむようにしばらく雑談した2人。佐藤さんとの別れ際、黒柳さんが「次の作品が出来上がった際には、またお越しくださいね」と自ら出演依頼をすると、佐藤さんはニッコリ笑って頷いた(ように見えた)。まだまだ、めでたい!

※女性セブン2017年3月23日号

外部リンク(NEWSポストセブン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス