最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「ジャニーズの怒り買った」小倉優子の元夫・菊池勲氏、“ゲス不倫”で「稲垣吾郎の専属」干される!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月3日に離婚が成立していたことが発表された、小倉優子と美容師の菊池勲氏。昨年8月、「週刊文春」(文藝春秋)がスクープした菊池氏の不倫疑惑以降、マスコミ関係者の間で「離婚は秒読み」といわれおり、そしてついに、慰謝料なしでの円満離婚に至ったという。小倉はブログに、「たくさんの幸せや思い出と、なにより2人の息子というかけがえのない宝物を授かりとても感謝しています」とつづり、コメント欄にはファンからの応援の声が殺到。第二子の育休明けも、精力的に芸能活動を行っていくとみられるが、一方の菊池氏は「ジャニーズ事務所の怒りを買い、仕事が危うい」(情報番組スタッフ)という。

菊池氏は、以前から報じられているように「SMAPのヘアメーク」を担当している。

「正確にはSMAPではなく、稲垣吾郎個人の専属ヘアメイクという扱いですが、当人同士での取り決めがあったのか、菊池氏の肩書は『SMAPのヘアメーク』で統一されていました。不倫そして離婚と、菊池氏のネガティブなニュースが流れるたびに、SMAPの名前まで取り上げられてしまうため、ジャニーズ関係者は眉をひそめていたものです」(同)

そもそもの発端は、菊池氏が小倉の後輩である馬越幸子という女性タレントと密会していたことが「文春」にスクープされたことで、離婚直前には、菊池氏が高級キャバクラで「(小倉は)全然、かわいくねーよ」「ヨメさん、女として見れないから」などと暴言を吐いていたとも、「フライデー」(講談社)によって報じられていた。

「あまりに脇が甘い菊池氏の私生活事情に、稲垣本人も『いい加減にしてほしい』と、露骨に不快感をあらわにするようになりました。菊池氏との契約も、稲垣本人の“ご指名”という状態ですが、このままでは専属を外されかねません。菊池氏は離婚によって、家族だけでなく、仕事まで失ってしまう可能性もありますね」(芸能プロ関係者)

すでに解散してしまったSMAP、そして稲垣の名前にも、泥を塗った菊池氏。その代償は、本人が想像するより遥かに大きいのかもしれない。

外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス