最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

塚田僚一、初単独主演に「センターは居心地悪い」 「僕はコメントしません!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 A.B.C—Zの塚田僚一と中島亜梨沙、黒川智花、片桐仁が2日、東京都内で行われた舞台「サクラパパオー」の製作発表に出席した。ジャニーズの中でもピカイチの運動神経を持つ塚田はこの日、馬に乗ってさっそうと登場。「僕もどうしたらいいか分からないんです」と馬の上から苦笑いで記者陣に語りかけ、会場を沸かせた。

本作は、塚田が単独主演を務める、競馬場を舞台としたコメディー作品。塚田が演じるのは、競馬場で婚約者とデートするサラリーマンという役柄だが、作品にちなんで塚田はこの日、乗馬姿を初披露した。塚田は「過去に何回かは(乗馬をしたことが)あったんですが、それは数分だけ。長い時間体験したのは初めてでした」と乗馬体験を振り返る。そして、「馬がゴツゴツしていて、馬を感じられました。馬との距離が縮まりました」と笑顔を見せた。

今回が塚田にとって初の単独主演となるが、塚田はセンターの立ち位置が落ち着かない様子で、「センターは居心地悪いんですよ」と苦笑い。作品のPRコメントを求められても「このコメントを見て、迷っている人が来るか決めるってことですよね? 片桐さんお願いします、と主演というポジションに及び腰で、会場を爆笑させた。しかし、最後には「競馬に興味ない方も楽しめる作品になっています」と力強くアピール。

さらに、演出を務める中屋敷法仁氏から「台本上にはバク転はないんですが、(塚田が主演するので)バク転シーンを増やしたい。塚田くんは体を使っていろいろな表現ができると思う」と提案されると、塚田は「今から筋トレして仕上げておきます!」と胸を張り、座長らしさも見せた。

なお、この日の会見には脚本家の鈴木聡氏も出席した。舞台「サクラパパオー」は、4月26日~30日に彩の国さいたま劇場芸術ほかで上演。

外部リンク(テレビファン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス