最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

塚田僚一、単独主演舞台で台本にないバック転? 馬の筋肉にも興味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイドルグループ・A.B.C-Zの塚田僚一が2日、東京乗馬倶楽部で行われた主演舞台『サクラパパオー』の製作発表に、共演の中島亜梨沙、黒川智花、片桐仁、脚本の鈴木聡、演出の中屋敷法仁とともに登場した。

同作は、鈴木主催の劇団「ラッパ屋」で上演されたのち、2001年にパルコ・プロデュースで再演され好評を博した。今回は「柿食う客」の中屋敷が演出を務める。夜の競馬場を舞台に、偶然集まった人々が織り成す人間模様を笑って泣けるコメディとして描く。

作中の舞台となる競馬場にちなみ、塚田は馬に乗って現れた。インストラクターに付き添われながらも、姿勢の良い姿で馬と一体になる姿を見せた。また「サラリーマンの役作りのため」(宣伝担当談)、トレードマークの金髪も暗めの茶色にして登場し、少し落ち着いた雰囲気に。乗馬体験が生かせるか聞かれた塚田は「ジョッキー(役)じゃないので、あんまり関係ないかな」と苦笑していた。

また、塚田は”筋肉”もトレードマークとなっているが、演出の中屋敷は「台本上ではバック転とかないんですけど、演出で増やそうかな」とプランを明かす。「馬に人生を託すという興奮状態を塚田くんの肉体を使って」と構想を語ると、塚田も「筋トレして仕上げときます!」と意欲的。塚田の婚約者役の黒川も「塚田さんのバック転とか見れるって聞いて、すごく楽しみ」と笑顔を見せると、塚田も「そんなこと言われたら、いっぱいしちゃいます」と喜んでいた。

主演ということで全体をまとめたコメントを求められる塚田は、「いつグループではハッシー(橋本良亮)とかに任せるんですけど、センターが居心地悪いんですよね」と恐縮。ポジション的には「よく言われるんです! 暴れ馬って!」と告白した。

一方片桐は「忠実にやります」と真面目な様子を見せ、「根は保守的な人間なので、頭がもうちょっと良くて、ちゃんとしたところに入っていたら、役所に入ってたと思う」と自身を振り返る。今回は官僚を演じるため「成功し続けた人の危うさを表現できるかな」と意気込んだ。

さらに舞台のため実際に全員で競馬場見学に行ったことを明かし、片桐は「どうしても当たりたくて、単勝で8頭買って、当たったけど500円損したみたいな」と苦笑。ちゃんと当てたという中島は「100円が390円になりました。お蕎麦を食べました」とはにかんだ。また、塚田は片桐から「パドックでも馬の筋肉ばかり見てましたよね。あのケツの筋肉がいいとか」と暴露されていた。

埼玉公演は彩の国さいたま芸術劇場 大ホールにて4月26日~30日、東京公演は東京国際フォーラム ホールCにて5月10日~14日、仙台公演は電力ホールにて5月16日、愛知公演は穂の国とよはし芸術劇場PLATにて5月19日、大阪公演はサンケイホールブリーゼにて5月25日~26日。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス