最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

嵐・二宮&堂本剛に「幻の“共作”曲」があった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ジャニーズタレントは、ときにグループの垣根を越えて曲を発表することがある。KinKi Kids堂本剛二宮和也も、過去に一緒に曲を作ったことがある。意外な組み合わせに思える二人だが、『Regress of Progress』という曲で、二宮が作詞、剛が作曲を担当した。嵐が2001~02年にかけて開催したライブツアー『ARASHI All Arena Tour Join the STORM』でお披露目されている。

この曲は残念ながらCDとしては発売されていないが、嵐とKinKi Kidsという、ふだんあまり接点がないグループ同士の貴重なコラボといえるだろう。二人の関係的には、剛のほうが二宮より先輩で、年齢は4歳上。歌手デビューもKinKiは、嵐よりも2年早い。

そんな二人がなぜ一緒に曲を作ったのか。二宮は剛と会ったとき、「今度曲でも作りましょうよ」と話したと、自身がパーソナリティを務めるラジオ『Bay Storm』(bayfm)で語っていた。その後、続けて二宮は「俺、ずっと『Regress or Progress』だと思ってた」とポツリ。曲タイトルの“of”を“or”だと思い込んでいたのだという。「進化か退化か」という歌詞を書いたので“or”だったはずだが、登録をするときに“of”と書いてしまったのかもしれないと、その理由を分析しつつ、「でもそれで登録しちゃったんだから、もうそれでいいよね」と笑っていた。

この曲は、嵐ファンの間では“ニノのソロ曲”として知られているが、最近ではライブでも披露されることはない。堂本剛と二宮和也の“幻の合作”、ぜひまた聞かせてほしいものだ。


外部リンク(日刊大衆)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス