最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ブログ騒動を起こした角田信朗の火付け役は和田アキ子か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

元格闘家でタレントの角田信朗が総スカンを食らってしまった。自らのブログでダウンタウン松本人志と過去に確執があったことを打ち明けたものの松本本人から反論され、結局のところ最後は全面謝罪。

ネット上でユーザーたちから「売名行為」「それ見たことか」などと大いに叩かれた挙句、ついには芸能界からも「危ないタレント」としてその存在を敬遠されつつある。

事の成り行きは、こうだ。角田はまず1月16日のブログにおいて数年前にダウンタウンの番組の出演依頼を断ったことが原因で、その後に別のダウンタウンの番組から出演オファーを受けて快諾したものの松本から共演NGにされたと訴えて関係修復の願望があることをアピールしていた。

しかし松本が1月22日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」の中で「共演NGとかいう、ちっちゃい話じゃない」と半ば呆れ口調とともに猛反論。 松本によれば、8年前に放送された日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系)の企画で、角田に対決コーナーのレフェリーを依頼したところOKの返事をもらいながら収録の2日前になってドタキャンされてしまったという。

直前だったことで収録そのものが中止に追い込まれ、出演予定者はもちろん、日本テレビと吉本興業にも大打撃となった。それから1年後に同じ日本テレビ系の「ダウンタウンDX」で出演予定者の中に角田の名前を見つけたマネージャーが、角田さんを急遽番組から外したと聞かされた――というのが事の真相だったことを赤裸々に打ち明けた。

世間の同情を買うつもりが、逆に大ブーイングを浴びせられて完全に赤っ恥をかく形となってしまった角田はこの直後にブログで謝罪文を掲載するハメになった。批判的な書き込みを恐れているからなのだろう。このタイミングでブログを「リニューアル」し、ユーザーからのコメントを投稿できないようにしたため、現在もさらなる批判の嵐が巻き起こっている。

それにしても角田は一体なぜ、自ら墓穴を掘るような不可解な行動を起こしたのか。実はこの裏には"黒幕"の存在がささやかれている。ある大物が松本との確執に悩んでいることを相談してきた角田にブログでのアピールをアドバイスしたとの情報がまことしやかに業界内で飛び交っているのだ。何とその黒幕こそが、あの和田アキ子だというのである。

「和田は角田の古くからの知人で芸能界の大先輩。公私ともに仲がよく『角ちゃん』『アッコさん』と呼び合うフランクな関係にある。そうした中で昨年末、2人の間には次のようなことがあったらしい。もともと松本の大ファンで確執が発生してしまい、距離間が生まれたことを長い間悩んでいた角田が意を決して和田に相談を持ちかけたところ『角ちゃん、そこまで悩むならブログで世間に問題提起してみたら。そのあとはうまく私がフォローするから』と言われ、すっかりソノ気になってしまったというのです。しかし実際にブログで『行動』を起こしたものの、余りの反響の大きさに和田は自分のラジオ番組でまるで他人事のようなコメントを発したのみで、フォローも何もせずにフェードアウト。角田は完全にはしごを外された格好となり、ついには自分で自分の首を絞めることになってしまった」(角田と付き合いの深い元正道会館関係者)

今回の騒動によってNHK、民放局関係者は「もう角田は(番組で)二度と使えない」と口を揃えており、このまま芸能界から干されてしまう可能性が高い。助言を送ったにも関わらず我関せずの姿勢を貫いている和田も和田だが、前出の元正道会館関係者は「和田さんの話を真に受けた角田が全面的に悪い」と完全に突き放している。

同関係者同様に、格闘界からも角田に対して「自業自得」との声が大半を占めている。芸能界、さらには格闘界からも愛想を尽かされてしまった角田は今後、イバラの道を歩むことになりそうだ。

著者プロフィール:四海方正
芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス