最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『不機嫌な果実SP』、期待を裏切らない!ドロドロ六角関係が「濃縮過ぎる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 栗山千明と市原隼人が、複雑に絡み合った愛憎劇を演じ、話題となった連続ドラマ『不機嫌な果実』の続編となる『不機嫌な果実スペシャル~3年目の浮気~』前編が6日に放送された。連ドラに引き続き繰り広げられるドロドロの不倫劇に、SNSでは「ドロ沼具合が底なし沼。濃縮過ぎますwww 」と多くの反響が寄せられた。

【関連】「栗山千明」フォトギャラリー

本作は、主人公の人妻・麻也子(栗山)と音楽評論家・通彦(市原)の“道ならぬ恋”を中心に男女6人の愛憎を描いた2016年版『不機嫌な果実』から3年後を舞台に、ドロドロの浮気騒動を描いたスペシャルドラマ。

禁断の愛を育み、通彦と結ばれた麻也子だったが、金銭感覚が鈍い上に将来に対して根拠もなく楽天的な通彦に次第に不満を募らせていく。そんな中、派遣切りに遭い、収入をなくした麻也子は、親友の久美(高梨臨)が経営するワインバーでバイトを始める。そして、麻也子は、通彦が路上で非常勤講師として勤める音大の生徒・神崎葵(南沢奈央)に抱きつかれている場面を目撃してしまう。動揺が隠せずにいる麻也子だったが、麻也子自身も久美のワインバーにイチゴなどを卸している農園家の宏人(山本裕典)と出会い、惹かれていくのだった…。

栗山、市原、稲垣吾郎、高梨といった連ドラからのキャストのほか、山本、南沢ら新たなキャストも加わり、前編のラストには六角関係に発展。愛情、嫉妬、憎悪が渦巻く関係性に、SNSでは「あっちで浮気こっちで浮気そっちで嫉妬、まともな人がおらんしドロドロ」「カオス…不機嫌な果実の醍醐味です。後編も楽しみ」「いろいろな意味で期待を裏切らない」「1時間、ジェットコースターみたいな展開だったwww疲れたwww」とハマる人が続出。後編を待ちきれないとの声も多数集まった。

後編は、1月13日23時15分よりテレビ朝日系列にて放送。予告編では、通彦と航一(稲垣)が殴り合いに発展するシーンや通彦と葵のツーショットシーンが映されており、六角関係がさらにもつれていくことが予想される。浮気騒動がどのような決着を迎えるのか、期待したい。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス