最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

仲間由紀恵「ダブルの緊張で臨みました」 宮部みゆき原作ドラマ「楽園」で主人公を熱演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 楽園」の完成披露試写会が6日、東京都内で行われ、出演者の仲間由紀恵、黒木瞳、夏帆、権野元監督が登壇した。

本作は、宮部みゆき氏の代表作『模倣犯』の事件から9年後を描く。ライターの前畑滋子(仲間)が、再びある殺人事件の真相に迫っていくという、謎が謎を呼ぶ展開の中、単なるミステリーの要素だけでなく、家族に向き合う“心”の物語が描かれる。

仲間演じる滋子は「模倣犯事件」でのトラウマを抱えながらも、新たな難事件に立ち向かう勇敢な心を持った女性。「明けましておめでとうございます!」と元気にあいさつした仲間は、WOWOWドラマに初出演の上、宮部作品の中でも人気の高い主人公を演じるとあり、「(撮影には)ダブルの緊張で臨みました」と明かした。

「いろんな事件の真相が見えてくる中で、戸惑ったりすることが多くて、表現のさじ加減が難しかったです」と演じる上での苦労もあったようだが、「監督と話し合いながら、一つ一つ丁寧に作ることができたと思っております」と語った。

一方、原作のファンだという黒木は、正義感の強い高橋弁護士を熱演。原作では男性だった役どころだが「キャラクターが“肉食系女子”。言葉(の意味)が違いますが、今回は本当の“肉好きの女”として脚色されていた。仕事はすごくクールにこなすのにガッツリ食べるというふうに書かれていたので、“入り”がとてもスムーズでした」と語った。

また黒木は、夏帆とは親子役で共演したことがあるほか、仲間とは「昔、私の息子の嫁としてドラマをご一緒したことがあります」と明かし、「皆さん、顔なじみの心を許せる共演者の方々でしたので、スッと役に入ることができました」と振り返った。

ドラマはWOWOWで8日午後10時から毎週日曜日に放送。

外部リンク(テレビファン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス