最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

CKBのクリスマス・ライブが開催、横山剣「ビルボードライブ東京、イーネッ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


クレイジーケンバンドによるクリスマス・ライブ【ビルボードライブ東京のクレイジーケンバンド】が12月25日、東京・六本木のビルボードライブ東京にて行われた。

横浜・本牧で育った東洋一のサウンド・マシーン横山剣を中心に1997年に結成されたクレイジーケンバンド。2016年は横山剣のデビュー35周年、2017年にはクレイジーケンバンド結成20周年、さらに2018年はクレイジーケンバンドのデビュー20周年とアニバーサリーイヤーまっただ中のCKBは、ファンとの距離が近い親密な空間で、渋さと色気の漂う大人なクリスマスを届けてくれた。

バンドが登場し定番のSEが流れると「ゴッドファーザー愛のテーマ」の演奏に乗せ横山剣(Vo)が“イーネッ!”のポーズを決めて登場。菅原愛子(Vo)とともに「シャンタン」を披露し艶のあるハーモニーで序盤から観客を魅了した。

横山から「次期大統領です!」と紹介された“ドナルド・ホランプ”こと洞口信也(Ba)が音頭を取り会場とともに「メリークリスマス!!」と乾杯。そのあと2曲続けて「ファイヤー・クラッカー」と「クリスマスなんて大嫌いっ!!なんちゃって」が披露されるとユニークで賑やかなクリスマス・ムードが会場を包んだ。MCでは横山が「サンタはいると思う?」と投げかけ「あのね、いるんだよサンタ」と日本の公認サンタクロースでもあるパラダイス山元の名前を挙げ、小野瀬雅生(Gt.)と洞口の決め笑顔で会場の笑いを誘った。

終盤では「タイガー&ドラゴン」、「太陽のモンテカルロ」など漢気溢れるナンバーを次々と投下する最中に、スモーキー・テツニ(Vo,Perc)が観客にタンバリンを預けてハンドルを持ち会場中を駆け回り“ドライブ”する一幕も。本編ラストの「横顔」では、スモーキーが横山に退場するよう促し、しょんぼりしながらステージを後にするなど、最後までエンターテイメント溢れる演出で会場を沸かせた。

アンコールでは、エルヴィス・プレスリーから勝新太郎まで数多のシンガーが歌い継いできた名曲「マイウェイ」を、シャウトやロングトーンを織り交ぜたCKB流で見事に歌い上げ、最後は観客との大合唱で盛大に幕を閉じた。お茶目でキャッチ―、そして深みも渋みもあるクレイジーケンバンドを間近で堪能できた、贅沢なクリスマス・ライブにファンも大満足だったことだろう。

なお、2017年9月2日、神奈川・横浜赤レンガパークの野外特設ステージで結成20周年記念ライブも決定しており年明けには詳細も発表される。まだまだアニバーサリーバッシュを駆け抜けるクレイジーケンバンドから目が離せない。

2016年12月25日 
クレイジーケンバンド「ビルボードライブ東京のクレイジーケンバンド」

Photo: Masanori Naruse
Text: 神人 未稀

◎公演情報
【クレイジーケンバンド結成20周年記念スペシャルライブ】
2017年9月2日(土)横浜赤レンガ 野外特設ステージ
※公演詳細は後日発表


外部リンク(Billboard JAPAN)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス