最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

SMAP・中居正広と草なぎ剛の吉本興行・W移籍が一気に加速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

やはり奇跡は起こらなかった。ジャニーズ事務所はSMAPの「NHK紅白歌合戦」出場のオファーを断り、唯一のレギュラー番組だったフジテレビ系列「SMAP×SMAP」の最終回生出演にも「NO」を突きつけた。

結局、各メンバーから解散に至った事情説明は特に行われないままフェードアウト。

余りにも寂しい結末となってしまったが、一部メンバーの解散後の去就はおおむね固まりつつあるという。

リーダー・中居正広草なぎ剛の独立プランが最終合意に向け、水面下で進行しているというのだ。

両者の新たな移籍先として名乗りを上げているのは「吉本興業」。これまでも中居の移籍先として浮上していたが、ここにきて草なぎとセットで受け入れ態勢を整えていることが判明した。

「仲介役に入っているのはズバリ、ダウンタウン松本人志です。もともと番組共演を何度か重ねていたことから中居との距離は非常に近く、今年初めにSMAPが独立に失敗した際にも親身になって相談に乗っていた経緯もある。その松本に中居はSMAP解散が決まった今年の夏場からリーダーとしての責任を感じ、ジャニーズを離れてすべてをリセットし、裸一貫でリスタートを切りたいという気持ちを固める意味で独立したい旨を伝えていた。それを聞いて松本は『そこまで言うならば、ウチに来れば』と誘いをかけ、吉本興業側もラブコールを送り始めた。加えて中居を慕う草なぎも『自分も一緒に行きたい』と口にし始めたことを受け、それならばと吉本側はダブル獲得を目論むべく両者の移籍先として名乗りを上げているというのです」(吉本興行に近い芸能事務所関係者)

ただ、吉本興業も芸能界の"暗黙のルール"を破ってまで2人を引き抜くつもりは毛頭ない。

筋を通し、ジャニーズ事務所側の幹部と円満移籍を実現させるべく入念な話し合いを行っているという。

そして、ここにきてジャニーズ事務所のトップ・ジャニー喜多川社長がゴーサインを出しているとの情報も有力筋から聞こえ始めてきた。

「もともとジャニーさんはSMAPの独立を猛烈に反対していたわけではない。そもそもSMAPの独立話はジャニーズ事務所の次期社長・ジュリーさん(藤島ジュリー景子副社長)とSMAPの元マネージャー・I女史との関係が劣悪になったことから端を発したわけであって、そういう内紛まがいの対立の図式に頭を抱えていたジャニーさんはむしろ『SMAPがウチに居づらいのならば、Iとともに他に行けばいい』と田辺エージェンシーへの移籍を水面下でバックアップしていたとのウワサもあるほど。だからジャニーズ残留を強く希望している木村(拓哉)はともかく、他のメンバー4人に関しては独立を奨励している。ジュリーさんと木村以外のSMAP元メンバーの関係がこの先ギクシャクするのは目に見えていますからね。そうした中、中居と草なぎの受け入れ先として吉本が名乗りを上げたのは渡りに船といったところでしょう。ジュリーさんには自分が最高権力者の地位を確保しているうちに、木村以外の元メンバー4人の処遇はキッチリとしておきたいという思いがある。『親心』といったところでしょうね」(ジャニーズ事務所の内部情報に精通する事情通)

ジャニーズ事務所内部でも「来年春先にもまとまるのではないか」とささやかれる中居&草なぎの吉本ダブル移籍は成就するのか。注目される。

著者プロフィール:四海方正
芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス