最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

冬の風邪予防に!体温を上げて免疫力をあげる魚のポーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨガは呼吸を意識しながら身体を動かしていきます。ポーズの効果はさまざまですが、深く呼吸を続けることで心肺機能が上がり、体温が上がります。そして体温が上がることによって免疫力が上がるので風邪などを引きにくい身体が作れるのも魅力の一つです。

今回は気管支に働きかけて心肺機能を高め、喉元を刺激して意志を強くすることで表現力やコミュニケーション能力アップが期待出来るポーズをご紹介します。疲れた日にも自宅で寝転がって行えるポーズなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

■冬の風邪予防に!体温を上げて免疫力をあげる魚のポーズ

STEP1

仰向けの姿勢になり、肘から指先までを身体の下にしまいます。手の平は床の方に向けておきます。両足は揃えて真っ直ぐに伸ばします。

STEP2

両肘で床を押して上半身を起こして胸を引き上げます。つま先は足元の方に向けておきます。

STEP3

頭のてっぺんを床に降ろして胸を天井方向に引き上げながら、喉の前側を伸ばします。この状態で深呼吸をするようにゆっくり15呼吸ほどキープします。

※頭頂を床に着けたら、顔は左右に動かすと首を痛める原因になるので左右に向けないようにしましょう。

STEP4

(ポーズからの解放)両肘で床を押して上半身を引き上げて背中の下の方からゆっくりと床に降ろします。頭まで床に降りてきたら両手を身体の下から出して仰向けで少し休みます。

■自分の気持ちが上手に言えない人にも◎

このポーズは、心肺機能に働きかけるだけでなく、胸元を開き喉元にある「ヴィシュッタ」チャクラにも働きかけます。

自分の気持ちが上手く言えない、誤解されやすい……。人と意見が合わないことが多いと感じたり、自分に信頼を取り戻したい時、面接、プレゼン、また恋愛など自分を表現する場面、人間関係を円滑にさせたい時にもぜひ行ってみてください。

(伊藤 恵里)

【あわせて読みたい】
・風邪の季節のウイルス対策に!はちみつ生姜紅茶が有効な理由
・プレゼンや発表の前に!不安解消・自信をつけるヨガポーズ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・早食いはダイエットの大敵!ゆっくり食べるための方法3つ
・太りやすさの元、猫背を改善!「脇ほぐしストレッチ」
・“痩せる”って実は簡単!?「痩せグセ」の作り方と食事法
・足の冷え解消に◎足首をほぐす「ゴロ寝ストレッチ」
・超カンタン!30代でも「キュッと上向き小尻」になるストレッチ
・おやすみ前の1分に!腰痛も解消「寝たまま美脚ストレッチ」

外部リンク(Life & Beauty Report)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス