最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

安倍首相の真珠湾訪問は歴史的快挙、真の日米同盟完成…米国の原爆投下を赦した日本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 安倍晋三首相は5日、今月26~27日に米ハワイを訪問し、第2次世界大戦で日米間の開戦(1941年12月8日)が起こったホノルル市・真珠湾をオバマ米大統領とともに犠牲者慰霊のため訪問すると発表した。日本の現職首相が真珠湾を訪れるのは初めてとなる。

先の日米開戦から75周年を迎える今年、5月にはオバマ氏は現職の米大統領として初めて、大戦中に米国が原子爆弾を投下した広島市を訪問していた。安倍首相は5日の会見で、訪問の目的について、「犠牲者の慰霊のため」「日米の和解の価値を発信する機会にもしたい」としている。

今月12月といえば、15日にロシアのプーチン大統領との首脳会談が予定されており、さらに年明け1月にかけて衆議院解散の可能性も取り沙汰されるなど重要な政治日程がつまるなか、なぜ突如として真珠湾訪問が決定されたのであろうか。以前から日米政府間では水面下で調整が続いていたとも報じられており、5日の会見で安倍首相は、11月のアジア太平洋協力会議(APEC)首脳会議(ペルー)でオバマ氏と立ち話をした際に決まったとも語っているが、今回の真珠湾訪問の意義について、麗澤大学教授で憲法や法哲学が専門の八木秀次氏に、解説してもらった。

●真の日米関係へ

真珠湾訪問発表の直前、安倍晋三首相は官邸の教育再生実行会議に出席していた。私も同席していた。場面場面での気持ちの切り替えが早く、いつもなら一言二言、場を和ませる話をする首相だが、そのときはどこか気持ちが入らず、心ここにあらずといった様子だった。そのときはその理由を知る由もなかったが、真珠湾訪問がいかに安倍首相の心の中に重い課題として位置付けられているかを物語っていると言えよう。

75年前、日米は戦争状態にあった。戦争は日本軍の真珠湾への奇襲攻撃から始まり、米軍の広島・長崎への原爆投下によって日本の敗北が決定的となって終わった。真珠湾は日米戦争開始の象徴的な場であり、広島・長崎は終了を決定付けた象徴的な場である。

その戦争において両国は、開始時と終了時において国際法違反を行った。開始時においては日本が宣戦布告前に奇襲攻撃し、終了を決定付けた米国の広島・長崎への原爆投下は、禁止される民間人の大量殺戮だった。

その後、占領を経て日本の主権回復とともに同盟関係になった日米だが、双方の行った国際法違反は両国民の心からの和解を妨げてきた。米国は日本の真珠湾攻撃を、日本は米国の原爆投下を、決して赦してはならないこととして語り継いできた。「リメンバー・パールハーバー」と「原爆を許すまじ」は代表的な表現である。その日米両国がわだかまりを越えて真の同盟関係になるためには、真珠湾攻撃と原爆投下について、双方が「赦す」ことが必要になる。

今年5月、オバマ米大統領は広島を訪問し、原爆の犠牲者を追悼した。この行為により日本国民は米国に「赦し」を与えた。そして今度は安倍首相が真珠湾を訪問し、75年前の奇襲攻撃における戦没者を追悼する。米国民が「赦し」を与えることを祈りたい。

こうして日米は過去の恩讐を越えて、真の同盟関係になることができる。安倍首相の真珠湾訪問は、首相が昨年4月に行なった米連邦議会上下両院合同会議でのスピーチの延長線上にある。そこでもかつての敵対関係を越えて、現在は同盟関係(トモダチ)になったことの意義を首相は説いた。それでも真の同盟関係になるに当たって残る障害を、5月のオバマ大統領の広島訪問、そして今度の安倍首相の真珠湾訪問で乗り越えようとしている。

これは文化戦略に基づく安全保障である。日米が恩讐を越えて真の同盟関係になることが、アジア・太平洋地域の安定につながることはいうまでもない。中国やロシアに対する牽制になり、抑止力も高まる。それを軍事力増強によらずに、日米両国民の「赦し」によって行うことの意義は大きい。トランプ次期大統領も理解しているはずだ。
(文=編集部、協力=八木秀次/麗澤大学教授)

外部リンク(ビジネスジャーナル)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス