最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

紅白落選で各局の"和田降ろし"がいよいよ本格化――和田アキ子が失業危機か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

ひとつの時代が終わったと言うことかもしれない。11月24日に発表された「第67回NHK紅白歌合戦」の出場歌手46組の中に和田アキ子の名前はなかった。

1970年に初出場し、78年まで連続出場。その後86年に再出場し、以降も2015年まで30年連続で出場し続けていた和田は今年出場すれば通算40回目の節目となるはずだったものの、年末のメモリアルステージを迎えることは結局叶わなかった。

"大御所"の落選を各メディアも大きく報道。ネットユーザーたちの間でも話題の的になった。

その大半が紅白落選を歓迎する内容のコメントで占められていたことからも、ネットユーザーたちを中心とした世間の"和田アレルギー"の凄まじさがうかがい知れる。

そんな背景を踏まえた上で、NHK関係者は今回の和田の落選について、知られざる内面を打ち明けた。

「もともと10年ぐらい前からNHKも和田の紅白出場をやめさせようと考え始めていた。『もう紅白には出ないで欲しい』といった視聴者からの声は、しっかりと上層部にも届いていましたからね。しかしいかんせん、和田は所属のホリプロ内でも絶対的な権力を持っていて何かと芸能界の中でも幅を利かせ続けている。だからやめさせたくても鈴をつける人間がいなくて、このまま済し崩しで和田の出場はここまでずっと"棚上げ"されていた。それが今年は出場を認めてしまうと和田が”40回目”という節目になって否応なしに大トリのステージを務めさせなくてはいけない流れにもなりかねなくなる。そうなれば『この期に及んで、ナゼ和田が大トリなのか』と視聴者から猛反発を食らうことは必至でしょう。そんなことから、このままではマズいと制作側のトップだけではなく同局の要職に就く幹部クラスも立ち上がってドラスティックな判断で和田に"引導"を渡したのです」

この和田の紅白落選のムーブメントはNHKだけにとどまらず、テレビ、そしてラジオも含めた民放局にも広まって行きそうな気配だ。

TBS系列の長寿番組「アッコにおまかせ!」の打ち切りが現実味を帯びてきそうな気配だからである。

同局の番組スタッフは次のように鼻息を荒げている。

「和田さんの時代はもう終わり。NHKさんが紅白落選を決めてくれたおかげで、動きやすくなった。もともとウチの製作スタッフ、そして上層部を含めた関係者の大半が『アッコにおまかせ!』を早く打ち切りたいと思っていましたからね。何とかしてこの流れから打ち切りに持っていきたい。この絶好機を逃したら絶対にダメです」

この同番組スタッフは密かに要職にある上層部の了解を取り、有志を募ってスクラムを組みながら来年4月の番組改変期をメドとして"和田降ろし"に着手するという。

それにしても、ここまで和田が同局内でもお荷物扱いされる理由とは何なのか。別の同局関係者に耳を傾けてみると、このような赤裸々な答えが返ってきた。

「TBS内部では長寿番組とはいえ、同番組は完全なお荷物。視聴率も平均5~6%ぐらいで日曜昼としては物足りない。何よりもマンネリ化し過ぎている。その上、ここ最近は和田さんの好感度が最悪だし、放送するたびに局に『和田はなんであんなに態度がデカいのか』などと必ず視聴者からの抗議が殺到する。こんな番組はウチの局で『アッコにおまかせ!』だけ。しかも和田さんの態度はスタッフに横柄だし、注文も細かい。過去に現場から制作会社所属の新人スタッフの何人かが逃げ出してしまったなんていうウワサもまことしやかに伝わってきています。大変申し訳ないですが和田さんは"老害"と言われても仕方がないのかもしれません」 

TBSだけではない。ニッポン放送で毎週土曜昼に放送されている「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」も同局内で製作スタッフ側からブーイングを浴びせられている番組だ。

「我々の悩みもTBSさんと同じ。アッコさんの態度がデカ過ぎるんです。最近は『和田アキ子=嫌われ者』として番組スポンサーも集まりにくくなっているんですよ。これでは採算が合わない。紅白落選の流れに乗って、ウチも何とかアッコさんにお引取りいただき、番組打ち切りに持っていければ…」とニッポン放送関係者は本音をぶちまけている。

TBS、そしてニッポン放送の動き次第では和田が来年4月以降、一気に"失業危機"に陥る可能性もありそうだ。

著者プロフィール:四海方正
芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス