最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

SMAP内紛が深刻化…紅白出演の条件として香取が木村に「土下座強要」か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

国民的人気アイドルグループ・SMAPの「最後」が刻一刻と近づいている。

12月31日をもって解散することが決まっているが、その一方で注目されるラストステージの実現は難航中だ。

年内で放送終了(12月26日が濃厚)となるフジテレビ系列の人気番組「SMAP×SMAP」や、もしくはジャニーズ事務所所属タレントが多数出演する毎年恒例の「ジャニーズカウントダウンコンサート(カウコン)」、あるいはこれも毎年フジテレビ系列で放映される年末恒例の歌番組「FNS歌謡祭」などが最後の舞台としてクローズアップされたが、いずれも本格的な出演交渉すら行われていないのが現状である。

しかしながら「最後のケジメ」としてSMAPのラストステージ実現を望む声は後を絶たない。

その中で多くのSMAPファンが一縷の望みとして期待をかけているのが、今年の大みそかに放映される国民的な行事番組「NHK紅白歌合戦」の電撃出演だ。

NHK側の籾井勝人会長が自ら直接出馬し、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長にSMAPの紅白ラストステージ案を持ちかけ、出場を要請する用意があると公言したことは、すでに多くのメディアでも報じられた。

だが、いくらトップ同士の2人が合意に達したとしても当のSMAPが「NO」の姿勢を変えない限り、紅白ステージ案は絵に描いたモチで終わってしまう。

ジャニーズの内情に精通している芸能事務所関係者はラストステージ実現が絶望的となっているSMAPの舞台裏を打ち明け、深いため息をつきながら嘆いた。

「SMAPの紅白出演についてはジャニーズ側ももちろん異論はない。もともとNHK紅白出場プランはジャニーズ側も描いていた青写真だからだ。だがSMAP内部のあつれきは相当に深刻化していて、やはり特に香取(慎吾)と木村(拓哉)の亀裂が修復不可能な状態になってしまっている。一時、実はジャニーさんの命を受けた中堅クラスの幹部がメンバー全員にSMAPのラストステージとして仮に紅白出場のオファーが来たらどうするかと尋ねたところ、リーダーの中居(正広)が『今のSMAPがファンに生ステージでパフォーマンスを見せることは、もしかしたら失礼に値することになるのではないか』と難色を示し、他の4人も同様に否定的だったそうだ」

一連のジャニーズ独立騒動において一時「一蓮托生」を決意していたSMAPのメンバーの中で木村だけが土壇場になって残留へと変心。

それにより独立計画は失敗に終わり、メンバー全員の育ての親とされていたA女史が事務所から退社させられるハメになったのは周知の事実だ。

木村が他のメンバーから総スカンを食らったことでグループは空中分解し、解散に至ったのである。

ただし同関係者によると、木村に対する憎悪のレベルは香取だけがハンパなものではないらしく、実はそれこそがSMAPの紅白ラストステージ実現を阻む最大の理由となっているという。

「それでも中居、稲垣(吾郎)、草なぎ(剛)、木村はジャニーズ中堅幹部から『可能性はゼロなのか』との問いに『ゼロとは言い切れない』と含みを持たせていたというが、香取だけが『ない』と言い切っているというんだ。そして香取は『もしどうしても、というのなら"あの人"が自分らに土下座するなら考える』とも言っていると聞いた。"あの人"呼ばわりしているのはつまり、木村のこと。香取の憎悪はそういう段階にまで達しているということだ。当の木村はまだこの話を知らないそうだが、もし香取が自分に土下座を強要したと聞けばブチ切れるのは必至だろう」

水面下でこれだけ香取と木村が一触即発となっていることを考えると、やはりSMAPの紅白出場は現段階で絶望的となっていると言わざるを得ない。

時代を築き上げた国民的人気グループがこのまま本当にフェードアウトしていくとなれば、余りにも悲しいラストだ。

著者プロフィール:四海方正
芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス