最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「あ~もう将軍やめたいなぁ……」歴史上の偉人たちがかく語りき『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドラマチックに歴史を語る人をご存じですか? 歴史の本であるはずなのに、まるで小説を読んでいるかのように、ドキドキ・ワクワクする本を最近執筆されました。

その人とは、お笑いコンビ「ブロードキャスト!!」の房野史典さまです。そんな房野さまが書かれた本が今、密かに話題になっております。『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代』(幻冬舎)で、遥か昔である戦国時代の出来事を、まるで今、目の前で起きているかのように語ってくれます。

戦国時代の話なのに、学校で休み時間に、クラスメイトが芸能ニュースを話しているみたいに解説してくれます。私は、歴史が好きです。今まで、歴史書や教科書などから歴史を学んできましが、この本を読んで、もっともっと歴史を好きになりました。

この本は、今まで歴史に興味がなかった方でも楽しめる本です。歴史って、人の生き様なんです。だから、面白いのですが、学者さんが書くエピソードは史実に基づいています。歴史は諸説あります。本書は、有力ではない説なども掲載されてはいるものの、お笑いライブに来ているかのように歴史をおもしろく伝えてくれます。

例えば、応仁の乱。普通であれば、8代将軍・足利義政の跡継ぎ争いであったと説明するところを

「あ~もう将軍やめたいなぁ……そろそろバトンタッチしたいな……」「いや、オレ子供いねーじゃん」

という口語訳から始まります。小説のようなテンポで、説明があり、このように続きます。

「あ、でも弟いるわ。弟でいいや」

そのあと子供が生まれてしまい、弟と子供、どちらが跡継ぎになるか、そのことを昼ドラのようだと説明する著者。

さらに、佳境を迎えたNHK大河ドラマ『真田丸』で堺雅人演じる真田信繁率いる真田一家についても解説しています。1586年、真田一家は天下分け目の戦いこと、関ヶ原の戦いを目前にして、徳川側につくのか豊臣側につくのか迫られます。苦渋の決断のすえに、兄の昌幸は徳川側に。父・信幸と弟・信繁は豊臣側につくことになりました。こうすれば、どちらか一方が生き残る。しかし、逆に言えば二度と会えない“今生の別れ”というべき、涙なくしては語れない逸話です。

こちらを本書では……

昌幸「三成が家康を討つつもりらしい」信幸・信繁「え!?」昌幸「協力してくれないかと要請が来てる」信幸・信繁「え!?」昌幸「どう思う?」

というゆる~いテンションではじまるのです。まるで、漫才の台本のようですね。

今まで、このような書きぶりの歴史の本を見たことがありません。この本は手取り足取り、説明してくれるので、まだ歴史を習っていない子供でも理解できます。ひとり語りで、講談師のような、笑って泣ける戦国時代がここにあります。

歴史上の人物の生き方を知るのは、いろんな歴史の引き出しが重なり合うことが必要です。中学校の日本史、高校の世界史、新聞記事等、知識がミルフィーユ上に重なった時にはじめて面白いと感じるのです。

でも、この本はそれが1冊でできるので、歴史好きが持つ、面白いという感覚をすぐに体得できます。

教科書では読めない裏話や面白エピソードも満載です。関ヶ原の戦いで家康が何をしていたのか。なんと、150通手紙を書いていたそう! 情報戦を勝ち抜くため、さらには寝返ってほしいという手紙をしたためていたというのは、さすがは家康だと思いました。

これは東大では習いません! 教科書で習った人が、これって友達の○○さんみたい!というような感じでリアリティを持てるんです。

歴史をこれから学ぶ方にもぜひ読んでいただきたいです。きっと歴史を嫌いにならなくて済むと思います。買って帰ったら、ヒーローになれるかもしれません。

私も娘のために、もう1冊買います! あっ、私まだ結婚してなかった……。(文=たかまつなな)

外部リンク(日刊サイゾー)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス