最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

高畑裕太がまさかの芸能界復帰を画策?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

元俳優の高畑裕太が9日に釈放されてから約2週間となった。

宿泊していた群馬県前橋市のホテルの女性従業員に対する強姦致傷容疑で逮捕・送検されたが、相手の女性との示談が成立。

一部では「警察に通報したのは暴力団関係者で結果的に裕太がハメられた」との報道もなされているものの、いずれにせよ裕太が引き起こしてしまった事態は今後の人生において大きな致命傷だ。

実母の女優・高畑淳子も長男・裕太の逮捕直後の"スタンディング会見"で「息子の芸能界復帰は考えられるか」との問いに「してはいけないことだと思っています」と涙ながらに語っていたのは、まだ記憶に新しいところだ。

ところが、その舌の根も乾かないうちに淳子が仰天発言を周囲に漏らしているという。

淳子と古くから知人関係にある芸能関係者が、次のように声を潜め打ち明けた。

「淳子は今も裕太のことを溺愛し続けている。保釈された理由となったといわれている相手被害女性への示談金は8000万とも1億とも言われているが、それをポンと支払ったのも淳子とその支援者。彼女は劇団青年座の取締役でもあり、未だに芸能界でも大きな力を持っている。裕太についてはショックを受け、世間に向けて立ちっぱなしの反省会見もして"芸能界復帰などありえるはずがない"とアピールしていたが、本心は違う。相手女性に対して支払ったといわれる莫大な示談金には事件に関する『口止め料』が入っているのはもちろんのこと、それ以外にも『芸能界復帰黙認料』が加わっていると言われている」

しかし、前記したようにその相手女性には暴力団が絡んでいるとの情報も浮上している。

その点については、どうなのか。前出の関係者は「それならば、なおさらでしょう」と即答し、こう続けた。

「おそらく向こうは『きっちりカネさえ払えば、見過ごしてやる』というスタンスなわけですから、その"容認料"さえ払っておけば文句は言わないはず。淳子は『時間が経って、汚れ役や悪役ならば裕太がこういう負の経験を生かして芸能界復帰を果たせるのではないか』とまで周囲に口走っていると聞いている」

そして、その関係者は最後に「しかし本当に馬鹿げたことだ」と憤る表情を見せた。

涙の会見で口にした言葉を反故にしてまで息子の芸能界復帰を本気で猛プッシュするとしたら…。

申し訳ない言い方だが"バカ親ここに極まれり"と評するしか他にない。

著者プロフィール:四海方正
芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス