最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

有吉弘行と夏目三久の結婚騒動のウラ――当事者2人が日刊スポーツにリーク説浮上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
ここ最近はすっかり沈静化してしまった感がある。

人気者・有吉弘行とフリーアナ・夏目三久の熱愛話だ。

ちなみにこの騒動の火付け役となったのは、8月24日付紙面の1面で大々的に「有吉の子どもを夏目が妊娠」と打った日刊スポーツである。

しかし他紙だけでなく民放のワイドショーもこの話題をスルー。

そして、その後に日刊のライバル紙・スポーツニッポンが夏目の否定コメントを掲載し、ネットユーザーたちも「一体どっちなんだよ」と大混乱に陥った。

ところが、その日刊は周囲から「大誤報じゃないのか」と疑いの目を向けられても後日「夏目が現在TBSで司会をもっている『あさチャン!』を降板し、有吉との結婚に踏み切る」との追加情報を掲載するなど強気の姿勢を崩していなかった。

一部週刊誌上や夕刊紙では「夏目の所属する田辺エージェンシーの"ドン"として名高い田邊昭知社長が激怒し『日刊の記事を追うな』と各メディアに圧力をかけた」との見解が報じられていたが、その"ドン"の目論見通りとなったかのように今月に入ると有吉と夏目の話題は新聞及びテレビの媒体でほぼ扱われなくなっている。

この流れについて有吉の所属する太田プロに近い関係者は「そりゃあ、そうですよ。田辺社長は芸能界で凄まじい力を持っていますからヘタなことでは逆らえない。だから"右へならえ"になるに決まっている」と指摘すると、こう続けた。

「ただし有吉と夏目が交際しているのは間違いのない話で、2人が結婚したがっているのも事実。だが、夏目は田辺エージェンシーの田辺社長から寵愛され、一説には愛人説まで飛び交っていたほど目をかけられていた。だから夏目には『永久に結婚できないのではないか』との話までまことしやかにささやかれていたほど。夏目も"コンドーム事件"で自らの価値が急落していたところに手を差し伸べてくれた恩人に反旗を翻すわけにはいかないとして、一時は独身を貫く覚悟も決めていた。しかしその中でキラ星のごとく現れたのが、有吉だった。夏目はああ見えて一度好きになると引けなくなるタイプ。その夏目に押されるように有吉も結婚を意識し始めた」

それではどうして日刊にだけ、その情報がリークされたのか。

同関係者は「裏技ですよ」と苦笑いし、声を潜めながら述べた。 

「もちろん2人が正攻法で行っても、夏目の後見人でドンの田辺社長から『ノー』を突きつけられるに決まっている。そこで2人は意を決して『新聞報道によって結婚をスクープさせれば世の中が一気に2人の結婚話で機運が高まるはず』と踏み、共通の知り合いの記者を通じて日刊にリークしたそうです。2人は何と言っても以前、日刊の紙面で芸能インタビューに個別で応じていた事実がありますからね。冷静に考えれば、これほど分かりやすい図式はないでしょう。ただし『妊娠説』についてはかなり微妙で『妊娠をチラつかせれば、よりインパクトが出るだろうという2人の計算も働いた』と指摘する声もある。いずれにせよ、今回の結婚話が突然日刊に出たのは有吉と夏目の『戦略』と見てまず間違いなさそうです」

確かに田辺社長の狙い通り、2人の結婚話は現段階で治まりつつある。

だが業界内では「今月末か来月中に日刊が有吉と夏目に関する第2弾の爆弾スクープ掲載に踏み切るようだ」とのウワサも浮上しているのが現状だ。

そのウラには有吉と夏目の当人たちの影がチラついているのは言うまでもない。

著者プロフィール:四海方正
芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス