最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ルー大柴が全盛期の月収「1000万円」と告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タレントのルー大柴(62歳)が、8月11日に放送されたバラエティ番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)に出演。全盛期の最高月収は1,000万円だったことを告白した。

1990年代にくどいキャラを武器に大ブレイクしたルーは、最盛期には民放全局プラスNHK、さらにラジオ番組含めレギュラーは9本も抱えていたという。当時の稼ぎについてルーは「month(月)だったら1,000万円ぐらいありましたよね」と告白。「年収1億円は超えたということ?」と確認されると「Exactly!確かにそうだ」と回答した。

「トゥギャザーしようぜ」のフレーズで大人気になった34歳頃から最も良かったのはそこから2年間ほど。以降、徐々にレギュラーがなくなっていき、42歳頃には「気が付いたら何もなくなっていた」と振り返った。

転落した理由は、最初は武器だった「くどい」「鬱陶しい」キャラが世間からだんだん飽きられ、嫌われるようになったと分析。ただ、本人としても、プロデューサーやディレクターの期待に応えようとそうしたキャラを演じながら、「40過ぎて、by my self 自分自身も little bit(ちょっと)飽きてきたんだよ」と無理を感じていたそうだ。

ちなみに、テレビから姿を消した“谷”の時期は地方のイベントなどで食いつないでいたというが、そこから再び仕事が上向いてきた転機は「マネージャーが変わった」ことだった。

ルー自身、今後の方向性について迷っていたところ、「新しいマネージャーが私の仕事ぶりを見たときに『ルーさん、アンタ中途半端なんだよ』」と言われたそう。さらに「今の若い子っていうのは(90年代の)ルーさんを知らない」「過去の“ルー大柴”はやめて、next(次の)何か違うキャラというか、ルーさんの良いところがあるわけだから、それを出していくしかないんじゃないか」と指摘され意識改革、いろいろなことに挑戦するようになったという。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス