最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

少しだけ落ち着いて!ひと夏の恋を永遠の愛につなげる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏は誰もが開放的な気分になる、恋の季節。イベントも多いですし、必然的に出会いもつながりも多くなります。でも、よーくあるのはひと夏のアバンチュール。すぐに終わってしまう恋。衝動的に結びついて、夏の終わりとともに消えてしまう……

60a38586aac4c9ece9b447cd81c88343_s

ひと夏の恋でいいもん! と割り切るのももちろんいいですが、いつまでも遊んでばっかりはいられませんよね。今回はひと夏の恋を永遠の愛につなげるためのコツをお伝えします。

■ 1.デートをイベントばかりにしない

海水浴に花火大会、バーベキューなど、夏はイベントが盛りだくさん。出会うきっかけはイベントでもいいのですが、イベントばかりに行くのは考えもの。一通りイベントを遊びつくしたら、「あれ、どうして自分はこの子と一緒にいるんだろう?」と男子は我に帰ってしまい、自然消滅……なんてことも。

イベントはほどほどにして、普通のデートも時には加えてみるのが、ひと夏の恋を冷まさないコツです。

■ 2.相手のことをよく探る

自分のことを話す前に、相手のことについてよく質問してください。遊びを目的としている男子は、自分のことを語りたがりません。

雰囲気に流されるようなイベントの場でも、絶対聞かなきゃいけないことは聞いておくのがコツ。

たとえば、仕事や趣味の話しから始まって、友だちの話など。勢いに乗せられがちになってしまいますが、少し冷静になって相手と話をしてみましょう。話の中で意気投合したり、ちゃんと自分のことをさらけ出したりしてくれる相手であれば、遊び目的である可能性は少ないはず。

夏の恋だからと言って、男子がみんな遊び目的というわけではないですよ。探せば、ちゃんとした人もいるものです。

■ 3.少しじらしてみる

夏はみんな衝動的になって、すぐに関係を進めてしまいがち。あまり焦らしすぎても良くはないですが、少し相手に「おあずけ」をするのは必要だと思います!

女子のプライドとしても、すぐに相手の言いなりになってはいけません。あなたのことを大事にしてくれる相手なら、1回や2回おあずけされても、ちゃんと誠実に対応してくれるはず。

でも、あまり慎重すぎても恋に発展しなくなってしまうので、バランスが重要ですね。

■ 4.失敗しても引きずらない

とはいえ、いくら注意したとしても、付き合った相手が悪い相手だった……というのは避けられないこと。反省は必要ですが、あまり引きずってはダメ! 夏は出会いはたくさんあります。時間がもったいないですから、どんどん次に行きましょう!

矛盾するかもしれませんが、注意することも大事だけれど、経験を積み重ねることも大事。恋は失敗せずには、掴めないものですから。

真剣な恋愛をしたいなら、夏の恋だからといって、一つ一つをおろそかにしてはいけませんよね。誘惑に流されやすいからこそ、少しだけ落ち着いて相手を見てみましょう!(ハラ マキ/恋愛ライター)

(愛カツ編集部)

■ 恋愛相談

周りに言えない恋、片思い、社内恋愛、不倫・浮気、性の悩み。ちょっとした疑問でもOK!

他のユーザーや恋愛の専門家が回答してくれます。恋愛相談をお待ちしています!

恋愛相談はこちらから

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス