最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

責任感の強い“特級戦士”ユンホが、兵役バックレ歌手に抱くアツい友情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 労働条件や待遇の悪さからでしょう、K-POPアイドルグループの集団脱走事件がこのところ相次いで報道されまています。日本でも活躍するアイドルグループ、N-SONICが、日本公演から戻ったあとに行方をくらませたのは5月上旬のことでした。

メンバーがひとつになって所属事務所に反旗を翻すに欠かせないもの、それはリーダーの統率力ですよね。

分裂という事態は避けられなかったものの、東方神起ユンホもリーダーとしてチームを引っ張り、アジアNo.1のグループに導きました。そんな彼が軍隊で“特級戦士”に選ばれたのは前回お伝えしたとおり。努力の賜物とは思いますが、韓国軍がベトナム戦争で民間人を虐殺し、1980年の光州事件では自国民にすら非道の限りを尽くした……という軍の過去を振り返れば、手放しで称賛できるものではありません。結局、ユンホは軍のマイナスイメージを払拭するために利用されているだけ。だって、知名度の低い人が特級戦士に選ばれても話題にはなりませんからね。まずはそこを理解しなくては始まりません。

さて軍人としてこれ以上ない名誉を授かり、“大韓民国の息子”とまで呼ばれるユンホ。これも、彼のがんばりと努力あってこそですが、何が彼をそこまで駆り立てたのか? その秘密はユンホに内在する責任感にあります。

歌手時代は東方神起のリーダーとして活躍したユンホ。彼は1985年生まれの芸能人が集う親睦会、“85クラブ”の中心メンバーでもあり、彼の提案でボランティア活動が行われたこともあります。つまり、彼はここでもリーダーシップを発揮していました。

ヨン様夫人のパク・スジンも名を連ねる85クラブですが、去年、残念なことが起きました。クラブのメンバーで、ユンホの親友でもあるキム・ウジュが「幽霊が見える」とウソをつき精神病患者のふりをして徴兵を免れ、それがバレて懲役1年の実刑判決をくらったのです(韓国芸能界にキム・ウジュは何人もいて、日本のユンホ・ファンは“、兵役逃れのキム・ウジュ=ユンホの友人”と認めたがらないのは脇に置いておきましょう)。
特級戦士になった理由
 で、このウジュはお勤めを果たしたようで、4月23日にインスタグラムに復帰。まずはお疲れさまでした。かつては日本人を含むウジュ・ファンのコメントで賑やかなインスタでしたが、いまはひっそりと思いがつづられ、“後悔”の文字も目立ちます。ユンホとの交流を示唆する写真など、過去をバッサリ削除しているのはかつての仲間に迷惑をかけたくないという想いからでしょうか? ウジュはいま、生まれ変わろうとしています。

>かつて、東方神起の2人との写真を載せていたInstagramについては、こちらをチェック!

ただ、アジアのトップ・アイドル=ユンホ、そしてヨン様夫人、とキラ星ぞろいの85クラブがこうむった傷はそのまま。ウジュを面汚しと思うクラブメンバーもいるでしょうが、ユンホは彼の心の支えになりたいと思っているはず。そしてウジュの分まで自分ががんばらなきゃいけない、そうすることで85クラブに着せられた汚名を挽回しなきゃいけない……そうした使命感が特級戦士という結果に繋がったのでしょう。特級戦士という称号も、仲間への友情や責任感、そして85クラブへの愛が根底にあってこそ、だったのです。

佐々木薫:脱走するまでN-SONICを知らなかったK-POPファン失格(?)なアラフォー。


外部リンク(messy)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス