最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【アニメ漫画キャラの魅力】「が、がぉ・・・」ニコニコ笑顔で恐竜大好き「神尾観鈴」の魅力とは?『AIR』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 PCゲームから大人気となり、PS2移植、アニメ、映画化までされた人気作『AIR』より、メインヒロインの「神尾観鈴」。彼女は生まれつき人と深く関わると「翼が痛い」と泣きだしてしまう発作を持っており、生みの親に見放されながらも叔母と同居し、ひとりで健気に生きていく女の子です。今回はそんな「神尾観鈴」の魅力について紹介したいと思います。

⇒神尾観鈴とは?(AIR)
http://www.charapedia.jp/character/info/4211/

【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】

■いつも明るくニコニコ笑顔

観鈴の魅力で真っ先に挙げたいポイント。それはニコニコした明るい笑顔。彼女のその生い立ちや病気からはまったく想像も出来ないほどに常にニコニコしているところです。観鈴のその明るい笑顔には、視聴者も少なからず背中を押される部分があるのではないでしょうか。

仕事でいつも家を空けている叔母の晴子さんに代わり、家事全般を一人で請け負い、病気の為に学校でも自分からは決して他人と関わらない彼女。住人が居候する事になった時もニコニコと笑顔でお世話し、一緒にラーメンを食べてもニコニコ、晴子さんが帰宅する際にバイクで納屋に突っ込んでも「あ、お母さん帰ってきた。」とニコニコ。納屋に突っ込んだ時くらい、もう少し心配してもよさそうですが、「いつもの事だから」と笑顔で受け流す大人な(?)一面もまた彼女の魅力なのです。

■不思議な感覚の持ち主

観鈴の魅力の1つ、それは彼女の不思議な感覚だと私は思っています。彼女は子供の頃から恐竜が大好きで、ぬいぐるみやグッズを集めるのが趣味です。困った事があると「が、がぉ・・・」と困った笑顔を浮かべる姿もまた彼女の可愛さのひとつ。その恐竜好きから、縁日で幼い観鈴はヒヨコを晴子さんにねだるのですが、ヒヨコを恐竜と勘違いする幼い観鈴の可愛さにもまたキュンキュンです。

そしてもう1つ。彼女の好きなジュースは「どろり濃厚ピーチ味」「ゲルルンジュース」なるもの。これは当時アニメイトさんから公式で販売されるほどの人気商品だったのですが、作中にて「こうやってぐにぐにしながら飲むんだよ」と住人に教えるシーンもあります。飲み方を教えてもらわないと飲めないようなジュースをなぜ彼女が好き好んで飲んでいるのかは謎ですが、その不思議な感覚がまた観鈴の可愛さに磨きをかけているように私は思うのです。

■のんびりしたイントネーションと口癖

キャラクターの口調というのは、その魅力を最大限に発揮するファクターです。観鈴はその中でも特に特徴的な口調で会話をするのですが、そののんびりした口調は、田舎の町で育った可愛らしいお嬢さんという観鈴のイメージにぴったりです。困った時の「が、がぉ・・・」ももちろんそうですが、住人の悪態やからかいに対しても「どうしてそんな事言うかなぁ~」と少しのんびりとぼやきつつ言い返してみたり、笑う時も「にはは」と可愛らしく笑う、そのほんわかのんびりした雰囲気は、今のこのせかせかした社会ではなかなか聞けない、アニメならではの癒しだと思います。

■魅力的な声!もうその声は聞けないけど・・・

さて、気になる声優さんですが、アニメ『ヒカルの碁』や『遥かなる時の中で』で有名な「川上とも子」さん。少年や可愛らしい女の子まで、演技の幅がとても広かった彼女ですが、2011年に惜しまれながら亡くなってしまいました。観鈴の困った笑顔や「にはは」と可愛らしく笑う声がもう聞く事が出来ないと思うと、とても寂しい気持ちなってしまいますが、きっと川上さんも今年のVITAへの移植を天国から喜んでいらっしゃるのではないでしょうか。

今年PSVITAに移植される予定になっている『AIR』。もしまだアニメや映画をご覧になられていない方がおりましたら、ぜひ1度ご自身の目で「神尾観鈴」の魅力をお確かめ下さい。

【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】

★記者:西村茉莉(キャラペディア公式ライター)

外部リンク(キャラペディア)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス