最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

嵐・大野智、次の夢は代表取締役社長・大野智の名刺を持つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4/28(木)に放送された「ARASHI DISCOVERY」(Fm yokohama)。

大野智くんの恒例、「今日の一言」コーナーでは、「夢なき者に理想なし。理想なき者に計画なし。計画なき者に実行なし。実行なき者に成功なし。故に夢なき者に成功なし。」という言葉が取り上げられました。

これは幕末の教育者、吉田松陰さんの言葉だそうです。

この言葉からのお話。大野くんの夢は小さい時はパン屋さんだったのだとか。

「子どもの時の僕が言ってるよ、まだやんないの?何で芸能人やってるの?って思ってる」と話していました。

その後、小学校になると夢はマンガ家になり、「小学校の僕が言ってるよ、何でやらないの?マンガ描かないの?って」と言っていました。

しかし大野くんは「何だかんだ叶ってる」と言いました。

それはパン屋さんにはなっていないけれども、この仕事を通じてパンを作る体験を取材などで何度もさせて頂けたそうです。

「なかなかできないので何だかんだ叶ってる」と言いました。

またマンガ家にはなっていないけれども、個展をやらせて頂けたからだそうです。

「これがこの世界のいいところだと思う」と話していました。

大野くんは以前、加藤清史郎くんに「将来の夢は何?」と聞いたことがあったそうです。

清史郎くんは「警察官」と答えたところ、大野くんは「何で役者やってるの?」と更に聞いたそうです。

清史郎くんは「役者をやっていれば警察官の役もいずれはできる可能性があると思う」と答えたそうです。

これを聞いた大野くんは「こういう考え方がある」と思ったそうです。

そんな大野くんは社長になりたいと思ったこともあるそうです。

「代表取締役社長と書いてある名刺が欲しかった。今、ドラマで持ってるけど“大野智”って書いてあるのが欲しい」と言っていたので「次はそこを目指す」と話を締めくくっていました。


> > 松本潤を検索[PR]

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス