最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

綾瀬はるか×是枝裕和監督、『海街』タッグ再び 平和を願う不朽の名作、劇場で甦る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 戦後70周年特別番組として、2015年に広島テレビで制作・放送された「いしぶみ~忘れない。あなたたちのことを~」が再編集され、『いしぶみ』のタイトルで新たに劇場版として公開されることがわかった。本作は、原子爆弾により、幼くして命を奪われた旧制・広島二中一年生(321人)が最後に残した言葉を読み語る朗読劇。監督を是枝裕和、語り部を女優の綾瀬はるかが務める。

【関連】<日本アカデミー賞>『海街dairy』作品賞、監督賞ほか4冠!四姉妹&是枝監督が勢ぞろい

今回の企画は、1969年に女優・杉村春子を語り部として制作され、芸術祭優秀賞やギャラクシー賞を受賞した不朽の名作「碑(いしぶみ)」が、戦後70周年を機に甦るというもの。世界に名だたる是枝監督と、広島県出身の女優・綾瀬はるかが『海街diary』に続きタッグを組んで、「遺族の手記」を切々と読み上げる。

綾瀬は、「原爆の惨禍によって、突然に短い命を終えていった子供たちの最期の一日を綴ったこの手記は戦争の悲惨さ、平和の尊さを伝えていると思います。この夏『いしぶみ』をご覧頂いて、一人でも多く平和への強い思いが芽吹くきっかけになったならと願っています」と、語り部の立場からコメント。

是枝監督は「オリジナルの『碑』を観た時、この番組に関わったすべてのスタッフ、そして朗読の杉村春子さんに心から畏敬の念を抱きました。そこには、伝えることについての大胆で真摯な考察と、視聴者の想像力への信頼が溢れていました」と、オリジナルへの思いを明かし、「今のテレビが失いつつあるこのふたつと、自分が正面から向き合ってみたい。そんな思いからこの『いしぶみ』はスタートしています」と意気込みを語った。

映画『いしぶみ』は、7月下旬より東京・ポレポレ東中野、大阪・第七藝術劇場、広島・八丁座にて公開、ほか全国で劇場公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス