最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

菅田将暉、松岡茉優も! ドラマ『35歳の高校生』はブレイク俳優の宝庫だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
 米倉涼子が制服姿の女子高生を演じたことで話題を呼んだドラマ『35歳の高校生』。同作の生徒役や幼少期を演じた少年・少女には、現在、ブレイク真っ只中の若手俳優・女優らが数多くいることをご存知だろうか。米倉にばかり注目が集まった同作だが、実は『花ざかりの君たちへ~イケメン パラダイス~』や『ごくせん』のような、第一線で活躍する俳優を多数輩出した学園ドラマだったといえる。今回は、同作出身の俳優たちを紹介したい。

【関連】『35歳の高校生』に出演していた俳優<フォトギャラリー>

auの人気CM「三太郎シリーズ」の“鬼ちゃん”で人気を博している菅田将暉は、『35歳の高校生』出身者。ドラマではクラスの問題児でリーダー格の土屋正光を演じた。同作出演後には、連続ドラマ小説『ごちそうさん』を始め、数々のドラマに出演する傍ら、多数の映画で高い評価を得ている。『共喰い』での第37回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞に始まり、『そこのみにて光輝く』『海月姫』『闇金ウシジマくん Part2』などで数々の賞を獲得。イケメンでありながら、役柄によってイメージががらりと変わる高い演技力を持つだけに、今後、さらなる活躍が期待される。

米倉演じる馬場亜矢子の高校時代を演じたのは、『おはスタ』おはガールとして活躍し、ドラマ『コウノドリ』や映画『猫なんかよんでもこない。』に出演、番組MCとしても実力を発揮する若手女優・松岡茉優だ。同作以降、多くの人気作に出演し、現在は映画『ちはやふる』が待機中だ。

ドラマでは亜矢子を敵視する生徒を演じた高杉真宙は、同作出演後、『仮面ライダー鎧武/ガイム』に出演し、ブレイクした若手俳優だ。昼ドラ『明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~』では初主演も果たし、現在は、テレビ朝日系ドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』に出演中。また、松岡修造と共演したファブリーズのCMでは、青春まっただ中の高校生役で登場し、「キレイすぎる」と言われる中世的なルックスを広く印象づけた。

ドラマ最終回で、ナイフ片手に正光に襲いかかり、強烈な印象を残した阿久津涼を演じたのは、今やラブコメ映画に欠かせない存在となった山崎賢人だ。山崎のブレイクのきっかけは、なんといってもNHK連続テレビ小説『まれ』での土屋太鳳演じるヒロインの夫役だろう。

その後、土屋と再び共演した映画『orange‐オレンジ‐』を始め、剛力彩芽とW主演を務めた『L・DK』、主演の桐谷美玲の相手役を務めた『ヒロイン失格』など少女マンガ原作の実写映画に立て続けに出演。2016年も、『オオカミ少女と黒王子』、『四月は君の嘘』と話題作の公開を控えている。

『35歳の高校生』出身者は、生徒役の女優も多数ブレイクしている。妹のすずと共に、若手注目女優の一人である広瀬アリスは、同作で不登校になる長谷川里奈を演じて注目された。その後、映画『銀の匙 Silver Spoon』のヒロイン役、フジテレビ系ドラマ『妄想彼女』で主演を務めるなど、着実にキャリアを積み重ねている。

また、『Seventeen』の専属モデルを務めていた森川葵も印象的な役どころで出演。森川は現在フジテレビ系で放送中のドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』にも出演しており、今後の活躍にも注目だ。(文:嶋田真己)

外部リンク(クランクイン!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス