最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

【吉祥寺】たった950円でパン食べ放題! しかも7時間食べ放題の店(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
パン。どうしてパンはこんなにも美味しいのだろうか。小麦粉をそのまま食べるとまずいのに、こねくりまわしてパンにすると、激しく美味しい食べ物となる。

パンは、職人がこだわればこだわるほど美味しくなる料理のひとつと言われている。コンビニのパンも美味しいが、パン屋のパンは職人の腕によって、その美味しさが大きく左右されるのだ。

職人の強いこだわり


東京・吉祥寺にたった950円でパン食べ放題のパン屋がある。このパン屋は1階でパンを焼いて販売しており、2階のカフェスペースで食べられるようになっている。


ここのパンは天然酵母を使用しており、さらにイーストフード(パンに入ってないほうが良いともいわれてる物質)未使用という点に、職人の強いこだわりを感じる。


天然酵母の焼きたてパンが食べ放題


そんなこだわりのパン屋のパンが950円で食べ放題なのだから、パン好きにはたまらない。しかも、サラダとスープもついてくるのである。

コーヒーを飲む場合は別途150円かかるが、それでも合計1100円。それで天然酵母の焼きたてパンが食べ放題!

しかも、パン食べ放題は11:00~18:00に実施しており、最長で7時間、ずっとパンを食べ続けられるのだから凄い! これは実際に行って食べまくるしかあるまい!

どんなに多くても4人が限界



そのパン屋の名前は「ノブカフェ」。JR吉祥寺駅前のハーモニカ横丁にあり、店内は驚くほど狭い。あまりにも狭すぎるため、1階は客が2名入ると窮屈に感じる。2階も狭いので、大人数で行く店ではない。行くなら1~2名がベスト。どんなに多くても4人が限界だろう。


良心的すぎるお店!


1階のパン屋では、普通に100~200円ほどのパンが販売されている。かなり人気のようで、次から次へと、新しいパンが補充されていく。2階には食べ放題用のパンが並べられているが、1階と同じ種類のパンが食べられる。


しかし、より多くの種類のパンが食べられるように、食べ放題用のパンは1階のものより小さく作られている。これはかなり嬉しい!! たくさん食べてほしいというお店の愛情が感じられるではないか。


ケチケチしてないのがイイ! 最近、こういう良心的なお店が少ないので、お店から優しさを感じると非常に心が癒やされる。


どれだけ食べられるか挑戦!


食べ放題用のパンは10種類前後が並べられていて、どんどん客が食べていくので、基本、焼き立て状態が保たれている。


種類も少し入れ替わるので、食べているうちに新しい種類のパンがやってくる。ということで、どれだけ食べられるか試してみることにしたッ!



7時間食いまくるぞ!


どのパンも、男子なら3口くらいで食べきれる大きさ。小豆パン、ウインナーパン、あんぱん、ベーコンエピ、オリーブパン、パンプキンパン、ロールパン、豆パン、とにかく好きなパンが食べ放題ッ!! これはたまらんッ!!



食べ放題を注文すると、サラダとスープと何も乗せられていない皿がもらえる。その皿に好きなだけパンをのてせ食べるのだ。よっしゃあああああああああ!! 7時間食いまくるぞおおおおお! 一生分のパンを食いまくるつもり!



コーヒーはあったほうがいいぞ


結果から言うと、食べれても10個が限度。限界に挑戦して13個食べたが、さすがに14個目は食べられなかった……。ミニサイズのパンが13個だから、普通サイズのパン8~9個くらいは食べたことになる。


950円で済まそうと思い、コーヒーは注文しないつもりだったが、コーヒーはあったほうがいいぞ(笑)! コーヒーがあると、味覚に変化をもたらすので、パンをより多く食べられる気がした。


満足度はかなり高いが!?



今回の食べ放題チャレンジでわかったことは、パンは食べ放題に向いてないということだ(笑)。ぶっちゃけ、いろんな味のチャーハンを食べ続けているようなものであり、チャーハンはチャーハン、パンはパンなのである。

しかし満足度はかなり高い。そもそも、パンのクオリティが高いのだから、不満が生まれるわけがない。今回食べて美味しかったパンランキングトップ5は以下の通り。

美味しかったパンランキングトップ5


1位 小豆パン
2位 パンプキンパン
3位 ウインナーパン
4位 ベーコンエピ
5位 豆パン

譲り合ってパン食べ放題を楽しみたい



ひとつだけ注意点を。パン食べ放題は11:00~18:00の間に実施しており、最長7時間食べ続けられるが、あまりにも混雑しているときは、短時間で終了になるケースもあるとのこと。

他のお客さんの事も考え、譲り合ってパン食べ放題を楽しみたいものである。ちなみに、記者が行ったときはいつまでも食べられるモードだったが、13個で限界がきた、情けない記者なのであった……。次回は、前日に何も食べずに挑むつもりである(笑)。

ノブ カフェ 吉祥寺 (NOBU Cafe)
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-3 ハモニカ横丁
営業時間: 11:00~23:00
定休日: 無休

■執筆:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Mail

※メルマガは朝刊と夕刊の2誌に登録となります

Twitter

モノ・コト最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る

フォトギャラリー


すべての人にインターネット
関連サービス