最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ケンカはもっと仲良くなるチャンス!長続きするカップルのケンカ法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰だって恋人とケンカをすることはありますよね。
でも、ついカットなって関係を壊してしまうのはとてももったいないことです。
ケンカをするということは相手を深く知り理解する絶好のチャンス、とここはとらえてみましょう。

今回は、ケンカが起こる原因と、ケンカをすればするるほど仲がよくなる本当の理由について解説いたします。



■ 相手は何で腹を立てているのかを知る

人間同士、考え方も違えば価値観も違います。
そんな他人同士が一緒に過ごす上でケンカはつきものです。
相手や自分が腹を立てるということは、その人が執着し、こだわっている部分、譲れない部分があり、その正当性を主張しようとするからです。
つまり、相手が腹を立てた部分の原因を冷静に見ることが相手の本心や本質に出会えるチャンスなのです。

何度もケンカをすると、「ああ、この人はこういうことを言うと怒るんだな」とか、「このポイントは地雷なんだな」と分かってくるもの。

反対に、自分が何にこだわっているのかという、自分自身を見つめ直すチャンスでもあります。そんなに冷静になれないかもしれませんが……。

■ 上手な仲直りの方法、それは一度受け止める!

ケンカをするには膨大なエネルギーが必要ですが、仲直りにはそれ以上のエネルギーが必要です。
だからこそ面倒くさいですし、できればしたくないもの。

仲直りにエネルギーが必要な理由は、多くの人が「相手の意見が間違っていることを伝える」もしくは「自分の意見が間違っていることを認める」という解決方法をとろうとするから。
これらは、相手を説得させる必要があるので、ほんとうに疲れます。

実は、仲直りが上手いカップルは別の方法をとっています。
それは「相手の意見を受け止める」という方法。

「自分はそう思わないけれど、まあ、この人はそう思っているのね」と一度受け止めること。
同意する必要もなければ、妥協する必要もありません。ただ、そういうものとして受け止めるのです。

■ まずは冷静に……

相手の意見や価値観が自分と違う場合、それを正しいとか間違っているとか、そういった物差しで判断するのではなく、「そういう意見があるんだ」ということを受け入れるということです。
相手が怒っているのならば、まず自分の価値観が相手と異なることに素直にいいましょう。
自分が悪いとか相手が悪いとか、そういう問題ではありません。

価値観が違うことで怒らせてしまったと伝えることです。
そして冷静さを取り戻してから、異なる価値観が共存できる方法を2人で探すのです。

「ケンカするほど仲がいい」と言われる理由は「ケンカの数だけ仲直り」があるからです。
ケンカが起きるたびに相手を受け入れる事ができるのですから。
最初からそう簡単に行かないとは思いますが、長続きするカップルはこれができていますね。(ナナミ・ブルボンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス