最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

竹野内豊×バカリズム「素敵な選TAXI」SPで復活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
'14年10月クールに放送された連続ドラマ「素敵な選TAXI」(フジテレビ系)が、今春に2時間超のスペシャルドラマとして復活することが分かった。

主演を竹野内豊、脚本をバカリズムが務める異色の組み合わせが話題を呼んだ同作では、時空を移動できるユーモラスなタクシーの運転手・枝分(竹野内)と乗客たちが繰り広げる物語を1話完結で描いてきた。

今回は、温泉旅館を舞台に、人生を左右するトラブルに次々と見舞われる宿泊客たちを、枝分がそれぞれのやり直したい過去の分岐点まで運ぶ。複数の乗客の“やり直し”が同時に展開され、複雑に絡み合い、クライマックスへと向かっていく。バカリズムならではの巧妙なストーリー展開にも注目が集まりそうだ。

スペシャル版には、連続ドラマと同じく枝分行きつけのカフェ「choice」の店長の迫田宏(バカリズム)や常連客の標道雄(升毅)、店員の宇佐見夏希(南沢奈央)、関カンナ(清野菜名)といったレギュラーメンバーも登場。ゲストが登場する本編とは違ったゆるい会話劇を展開する。

竹野内は「連続ドラマの打ち上げでも、またみんなと会えるチャンスがあったらいいなという話をしていたので、今回もう一度やるという話をいただいた時『とうとう来たか!』という感じで、うれしかったですね」とコメント。

さらに、スペシャル版のクランクインを果たし、「もう、連ドラのクランクアップから1年ちょっとたちましたけど懐かしいです。何といってもタクシーですよ! スタッフの皆さんもおっしゃっているんですけど、やっぱり選TAXIを見て気持ちがよみがえってきますね。

しかも、今回は監督のこだわりで、エンブレムがボンネットの上に立っていたり、マイナーチェンジしてるんですよ! やっぱり“この選TAXIがないと!”って感じですよね!」と語った。

また、バカリズムは「またいつかやりたいと思いながら、またやれるような終わり方をしておいたので、とてもうれしかったです。(今回は)スペシャルということで、枝分さんのテンションも高めで軽く浮かれている感じに描きました。連ドラの時よりも若干ウザく感じる部分もあるかと思います。スペシャル感丸出しの内容にしました。もちろん初めての方でも楽しんでもらえるようになっています。ぜひご覧ください」とアピールした。

なお、2月17日(水)には、連続ドラマの脚本をバカリズム自ら小説化したポプラ文庫「小説 素敵な選TAXI」が発売される。

http://news.walkerplus.com/article/71596/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス