最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

【衝撃】カワイイ系の大食い女子が吉野家の牛皿専門店でチャレンジ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
人気牛丼チェーン・吉野家が西新宿にオープンさせた新業態店舗「牛皿一丁」をご存知だろうか。牛肉が別皿で提供され、牛丼よりも牛肉の味そのものを楽しめるスタイルとなっているのだ。

基本セットは牛皿3枚


メインメニューとなる「牛皿御膳」はご飯と味噌汁に牛皿が3枚ついて580円なのだが、プラス150円で何枚でも追加が可能。本当に満足するまで牛皿を食べられるのである。


カワイイ系の大食い女子を連れて入店!


せっかく行くなら、目一杯牛皿を食べてみたい!ということで、記者の知人である「カワイイ系の大食い女子」を連れて行ってみることにしたぞ! 果たして、どのくらい牛皿を食べられるのだろうか!?


まずは牛皿5枚御膳を注文


さっそく店内に入り、まずはメニューに記載されている最大量の「牛皿御膳5枚盛り」を注文。手際よく目の前に配膳してくれたが、すでに横写真では収まりきらないほどに積み上げられた牛皿が!


味がよく染み込んでいてウマい!


大食い女子が5枚盛りを注文する傍ら、記者も3枚盛りを注文して普通に食してみる。基本的には吉野家の牛丼と同じはずなのだが、味がよく染み込んでいて非常にウマく感じるぞ……!

別皿に盛るだけで高級感が出るのも良い。気分は牛丼というよりもすき焼き。まるでごちそうを食べている感覚だ!


ペースを上げまくるカワイイ系の大食い女子


記者が牛皿御膳の1皿目をを堪能していると、その横で大食い女子は勝手に牛皿のおかわりを始めやがった! なんというハイペース!


なんと15皿も食べやがった!


そして気がつくと、おかわりにおかわりを重ね、食べた牛皿はなんと15皿! 人の金だと思ってチクショー!!


15皿積み重ねた牛皿タワーはまさに圧巻である。料金は2,380円。牛丼屋では考えられない価格となってしまったが、大食い女子的には値段相応の満足感があったとのことだ。

まるで牛丼のわんこそば


このように、「牛皿一丁」では好きなだけ牛皿を食べられる。まるでわんこそばの牛丼版のようだ。普通の吉野家では味わえない満足感を得られるはずなので、吉野家ファンならぜひ一度足を運んでみていただきたい。


250円の別選牛皿もオススメ


ちなみに牛皿にはもう1種類「別選牛皿」というメニューがあり、1皿250円と割高ではあるものの、肉質が格段にアップ! より高級感を堪能できる一品となっている。こちらもオススメだぞ。



■執筆:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Mail

※メルマガは朝刊と夕刊の2誌に登録となります

Twitter

モノ・コト最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る

フォトギャラリー


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス