最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

【毒舌】結婚したら貧乏な毎日が待っている!? 「地雷男」を見極める7つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
結婚するなら、絶対に女性を幸せにしてくれる男性が良いですよね。単なる感情で付き合うのではなく、しっかり見極めて結婚相手を探す。これは女性の将来にとても重要な、学校では教えてくれない部分なのです。

そこで今回は、合コンも恋愛も百戦錬磨の恋愛体質女子、鈴木・スーザン・美智子先生から「結婚したら貧乏な毎日が待っている「地雷男」を見極める7つの方法」を聞き、皆さんにアドバイスを送りたいと思います。

結婚したら貧乏な毎日が待っている「地雷男」を見極める7つの方法


1. サイフの中にレシートやポイントカードを入れている
男のサイフの中には、キャッシュカードとクレジットカード、あとはマンションのカードキーだけ入っていればいい。レシートやポイントカードが1枚でも入っていたら地雷男確定。

レシートとかポイントカードを集めている時点でチマチマした無能男でドケチ確定。領収書はビジネスマンとして良いけれど、それでもサイフに入れるべきではなく、カバンに入れるべき。サイフはお金を入れるものです。

2. 送ってくるLINEスタンプが無料スタンプ
男からLINEスタンプが送られてきたら、とりあえずタップして無料か有料かチェック。もし無料だったらアウト。本当に大切に思っている女には、無料のスタンプなんて送らないもの。

無料スタンプが送られてきた時点で、デリカシーがない男か、貧乏臭い男確定。反論してもいいよ。無料スタンプを使い続ければいい。あなたはそう思っていればいい。世間はそう思ってくれないけど(笑)。

3. トイレから戻ってきたらオシッコが少しズボンに染み込んでる
私の経験上の統計では、日本人男性の5人に2人が、レストランでトイレから帰ってきたあと股間に目をやると、ズボンにオシッコが染み込んでるのがわかる。しっかり出し切る前にブツをしまったため、わずかに残ったオシッコが溢れ出し、ズボンに浸透するのだ。

もっと最悪なパターンもある。オシッコが皮にぶつかって角度をかえ、ズボンの脚の部分に豪快にぶっかかるケースだ。どちらのケースにしても、計画性のない男にありがちなミス。将来性がないだけでなく、女性にも迷惑をかけて不幸にするタイプ。さらに包茎だ。

4. クーポンがある店にしか行かない → 行ってもファストフード(笑)
レストランやカフェなど、クーポンがある店にしか行きたがらない男が増えている。所得が低くて貧乏だからだ。

「行きたいレストランが偶然クーポンを発行していた」というパターンではなく「クーポンがあるレストランに行きたい」というパターンが多い。しかも割引率が3~5%と低く、あまり得した気分にもならないのにクーポン優先。

そういう男に限って、選ぶ店がファストフードばかり。こんな男と結婚したら、あなたの墓石もクーポンで買われる始末。

5. 紙のクーポンをうまく切れずに微妙に破れた状態で渡す
支払いのときに紙のクーポンを取り出して、店員を待たせて、あせってキリトリ線に沿って切れず、ビリビリと余計な部分を切ってしまう男は甲斐性なし。無能です。そもそも女の前でクーポンを使って支払いを安くしようとしている時点でアウト。アウチ、痛すぎる。

6. バスに乗って移動
女性と一緒にいるときは、電車ですら絶対に避けたい乗り物なのに、バスに乗って移動しようとする男は末期の地雷男。基本は自家用車かタクシー。電車は道路が混雑しているときは仕方ないが、バスは何があってもありえない。バスの待ち時間は大きな人生のロスだ。

さらに野外なので、雨や雪、直射日光、強風など、あらゆる害が女性を痛めつける状態にある。そんな環境下に女性を晒しているわけだから、男の心理状態を疑う。

7. この時代に1円とか10円とか硬貨を使っている
この21世紀、しかも2015年にもなって硬貨を使って支払いをしている男は、1秒でも早く消え去っていただきたい。1円玉や10円玉は支払いのときに便利だとぬかしている男もいると思うが、ただ単に「1円や10円を所持するコストが1円や10円では済まない」ということに気がついてないクサレ脳味噌なだけ。

硬貨を財布に入れれば財布が傷む。場合によっては硬貨が入りすぎて財布に傷がつく。最初から現金を使わずカードで支払えば小銭も余計な紙幣も財布に入れずに済む。現金しか使えない店での支払いは仕方ないから紙幣でやり、お釣りは紙幣以外受け取らずに硬貨の受け取りを拒否する。もう一度いう。硬貨は所持することにコストがかかる。

わかったか? そんなこともわからない、いや、限度額のないカードすら持てない男はタイムマシンで右半身だけ江戸時代に飛ばされてしまうといい。左半身は現代にあるから、両方の視界を得ながら、両方の時代を同時に生きろ。それが罰だ。

距離を置いたほうがよい



などなど、ルックスや言動、目に入る情報だけではわからない、男の価値というものがお分かりいただけただろうか? 上記のようなポイントがある男性とは、できるだけ早く距離を置いたほうがよい。

■執筆:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る

フォトギャラリー


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス