最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

やっぱり脇役向き? 『無痛』ワースト2位、惨敗続きの西島秀俊が次期朝ドラでヒロインの父役に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

 来年4月4日スタート予定の次期NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』で、“中高年女性のアイドル”西島秀俊が、ヒロイン(高畑充希)の父親役に起用されることが決まった。母親役を演じるのは木村多江

同ドラマには、他に向井理大地真央片岡鶴太郎といった大物もズラリと名を連ねており、NHKの“本気度”が伝わってくる。他には、秋野暢子ピエール瀧平岩紙片桐はいりのベテラン陣、元AKB48川栄李奈杉咲花大野拓朗坂口健太郎阿部純子相楽樹の若手メンバーが出演する。

西島といえば、13年のNHK大河ドラマ『八重の桜』で、主役の綾瀬はるかの兄役を熱演し、中高年女性を中心に人気急上昇。それをきっかけに、連ドラの主演が増えたが、どうにも視聴率が上がらないのが実状だ。

WOWOWとの共同制作で、香川照之とタッグを組んだ『MOZU』シリーズ(TBS系)は、『Season1~百舌の叫ぶ夜~』(14年4月期)こそ、全話平均11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でかろうじて2ケタを死守したものの、『Season2~幻の翼~』(同年10月期)は全話平均6.4%とズッコケた。

これまた、香川との共演となった『流星ワゴン』(同/15年1月期)は全話平均10.3%で、2ケタに乗せるのが精いっぱいだった。

現在、放送中の『無痛~診える眼~』(フジテレビ系/水曜午後10時~)は初回こそ、11.6%とソコソコだったが、第2話で7.1%と急落。以降、第3話=8.4%、第4話=4.7%(午後11時45分放送開始)、第5話=7.4%と低空飛行が続いており、裏の『偽装の夫婦』(日本テレビ系/天海祐希主演)に完敗を喫している状態。今クールの民放プライム帯の連ドラでは、最下位を独走する『結婚式の前日に』(TBS系/香里奈主演)に次ぎ、ワースト2位に沈んでいる。

この現状では、「西島の主演では視聴率が獲れない」というのが定説になりつつある。折しも、劇場版『MOZU』が11月7日公開だが、主役の西島にとってはコケるわけにはいかず、まさに背水の陣だ。

『八重の桜』では、実にいい味を出していた西島。主演作品が低迷続きとなれば、「やっぱり脇役向き」といわれかねない。
(文=森田英雄)

> > 西島秀俊を検索[PR]

外部リンク(日刊サイゾー)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス