最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

Facebookのリベンジポルノ防止ツール、スタッフにヌード画像見られちゃうってさ...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
facebook_porn
Image: Gil C / Shutterstock.com

そのエッチな写真、スタッフには丸見えですよ!

先日Facebookより、リベンジポルノに対応したツールを採用するとの発表がありました。これはまずオーストラリアで試験的に使用され、Facebook上の投稿だけでなくメッセンジャーでのチャットやInstagram、写真に限らず動画も自動的に検閲されるようになります。

ですがFacebookの担当者がDAILY BEASTに話した内容によりますと、まずそうした不適切な画像が寄り分けられる前の段階で、人の目で見てチェックすることになるのだそうです。

Facebookのスタッフはそれらがリベンジポルノにあたるのか規約に照らし合わせたあと、画像にボカしをかけて一旦保管。さらにそれらは少数のスタッフのみが閲覧できるようになります。

保全調査員のニコラス・ウィーヴァーさんが、米Gizmodoに答えてくれました。

写真はまず人の手によって、規約違反していないかどうか確かめられます。そうでなければ、たとえば誰かが天安門事件で有名な“無名の反逆者”写真をリベンジポルノといって投稿し、それに沿って自動検閲されてしまうこともありますので。

リベンジポルノ写真かどうかを判断する基準は、「人が見て明らかな内容かどうか」。それまでは未確認の状態で保留されるようです。

加害者側が先制して、そのような写真をネットに公開する権限を持ってしまうのはFacebookにとって良いことではありません。しかも赤の他人がそれらを見た時の自由なコメントやシェアなどで、さらに拡散されてしまう可能性だって大いにあるのです。

この規約は、ユーザー側に虐待を起こさないよう責任を感じてもらう効果も期待できます。と同時に、Facebookは自動判別のアルゴリズムを完全に信用しておらず、最後は人の手を借りなければいけないと語っています。

投稿しようとする内容がリベンジポルノであろうがなかろうが、システムの裏側にはスタッフがいることを心得て楽しむようにしたいですね。

Image: Gil C / Shutterstock.com
Source: DAILY BEAST

Melanie Ehrenkranz - Gizmodo US[原文1, 2
岡本玄介

外部リンク(ギズモード・ジャパン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス