最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【V系】新鋭バンド「ザアザア」インタビュー! 新作『死にたい』に込めた意味とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
関西のV系バンド、ザアザア。どこか哀愁のあるメロディとハードなサウンド、そして内向的な歌詞が魅力。昨年末に結成されて以降、ハイペースかつクオリティの高い音源リリースと、コンセプチュアルなライブでじわじわと話題になっている彼らに初のロングインタビューを行いました。

――「ザアザア」というバンド名の由来は?

一葵:擬音のバンド名ってあんまりいないじゃないですか、それが面白いと思って。それに僕たちは今自主で活動しているので、口コミやSNSなどで「噂」になりたかったんです。だからバンド名や楽曲タイトルも覚えやすい、インパクトのあるものにして。

零夜:覚えられないのが一番イヤじゃないですか。気になっても後で調べようと思っても、覚えてなかったら聞けないし検索もできないし。

ロ弍:一回聞いたら絶対忘れない。

――結成は14年の12月。それからミニアルバム3枚をリリースしているのはかなりのハイペースですね。

一葵:結成する前から、三ヶ月に一回は音源を出したいなって話してて。

ロ弍:メジャーのリリースペースがそのくらいだから、飽きられない意味でもそのくらいの間隔の方が良いんじゃない?って。

零夜:自分たちの中で、出したい曲が溜まっていたので、ハイペースで出したいというのもありました。

一葵:衣装も毎回替えたりして、それの方が面白いんじゃないかなって、直感です。

春:無理してやってるわけでもないですし。

――デスボイスを多用せず、メロディアスな楽曲が多いですよね。

一葵:今活動している周囲の同じくらいの規模のバンドをみてると、激しい音楽をやっている人たちばかりだったので、これじゃあ目立たないなあと思って。周りの逆を行きたかったんです。

――ちなみにみなさんのルーツは?

一葵:MUCCから音楽に興味を持ったという感じです。歌詞中心に聞いちゃうから、洋楽はあんまり聴かなかったり…。最近はゲスの極み乙女。とか聴いてます。

零夜:僕は根っからのヴィジュアル系大好きのヴィジュアルっ子だったので、黒夢やDIR EN GREY、theGazettEとかのド真ん中な流れを聴いてるという感じですね。

一葵:彼はいわゆる「ギャ男」みたいな…。

零夜:ステージ立ってないときはギャ男みたいなもんです(笑)。

――ちなみに、零夜さんのストラップが長いのが気になってしまって…。

零夜:Sadieの亜季さんの影響です。どえらく長くて「これはかっこいい!」と衝撃を受けて…。僕基本的にピック弾きなんで、ガシガシ弾くスタイルに合っているというのもあります。

ロ弍:僕、音楽の入りはヴィジュアル系じゃなくて、元々洋楽のハードロックとかが好きで。ヴィジュアル系をやりだしたのはここ3年くらいです。だけどMotley Crueとか好きなので、メイクには抵抗なかったんですよね。

春:僕のルーツはJ-POPで、初めて買ったのはSMAPですね。バンドに興味を持ちだしたきっかけは、先輩がhideさんファンで、その影響で聞いてかっこいいなって。そっから広がっていった…みたいな。あとThee Michelle Gun Elephantも好きです。

――ザアザアの作曲のクレジットはバンド名表記なんですね。

一葵:ザアザアの楽曲は基本的にみんなでスタジオに入って作っているんで、誰がどの曲を作ってきたかも無いんですよ。

ロ弍:メロディーメイカーは彼(零夜)ですね。「工場長」と呼ばれています(笑)。

零夜:一葵から「こういう曲にしようと思うんだけど」と投げられたりして、ざっくりと「じゃあこんな感じかな」と、考えたのを持っていって、スタジオでみんなでイメージをふくらませていくみたいな感じです。

――そして9月1日にリリースされた3rdミニアルバム『死にたい』ですが、これはまたストレートなタイトルですね。ジャケットもインパクトがありますし。

一葵:作品自体のコンセプトは「闇」なんですけど、『死にたい』という曲に関しては、半分応援歌だと思っています。

零夜:一葵が言ってたのは、「『死にたい』って軽々しく言う人はめちゃめちゃ多いけど、でもよく考えたらすごい重たい言葉だな」って。

一葵:苦しんでいる、なんとかしたい、って信号を出しているような気がするんで、それに対しての応援歌みたいな感じで歌詞を書いていました。

――「殺してやる」ではなくて「死にたい」ですもんね。

一葵:根本的に苦しみを歌っている人の歌が好きだったというのはあるのかもしれない。

――では他の楽曲のお話も伺いたいです。一曲目『もうすぐ雨が降るから』。

ロ弍:最初にギターのイントロを作ったんだっけ。

――ギターから静かに始まる曲ですね。雨が振りそうな、不穏な感じがします。

春:で、四つ打ちでじわじわ進んでいって。

一葵:Bメロで一気に激しくなってたたみかけるようにサビがくるこの雰囲気が気に入ってます。その後のイントロで一気にぐっと落ちるところも好きです。というか全部好きです。

ロ弍:必要最低限の音のみで出来てる曲で、そこが個人的に凄く気に入ってます。

――3曲目の『不感症』は。

零夜:たしか最初はスタジオの休憩時間にサビのメロディの「回る回る」という部分を思いついて。

ロ弍:工場長が閃いて歌いながら走っていったんです。

零夜:それでサビがひと通りできて。

ロ弍:それがたまたま三拍子のリズムやったんです。それを元にイントロを作って。

零夜:そしたらしっくりハマって。

――次は『拝啓あなたへ』、こちらも重く激しい曲ですね。

一葵:『感電。けがのおそれがあります2』(1stシングル『うそつき』収録)を作ろうっていうコンセプトがあったよね。

春:これはタイトルからだったような気が。

――「あなた」というのは?

ロ弍:個人的にいろいろあった相手へ、という…。僕も個人的な想いがあったというか…。この業界の中で…。

一葵:それに対して「ありがとう」というか。今があるみたいなのはありますし…。

――ですが、最後の一行の歌詞は…(笑)。ラストを締めくくる『闇』は、本作のテーマでもありますね。タイトルに反して、ある意味明るさも含まれた楽曲だと思います。

一葵:きっかけは春くんのギターのアルペジオだったね。

春:スタジオ内でギター弾いてて、「あ、それ」みたいな感じで。

自然とそこから広がって。

一葵:だいたい僕らそうなんです。ドラムだったりメロディだったり、叩いたり弾いたりして、誰かが「それ!」って言い出して…。

――最近はパソコンで作ったデモをメンバーに渡して…みたいなケースも多いようですが。

春:それはやらないですね。

一葵:そういうのを以前やってたんですけど…。

ロ弍:僕ら全員アナログなんで。向いてなかったというか。やりやすいのが今のスタイルだったというか。

一葵:バンド内での方針が「短所を無理に普通にするのはやめて、長所を伸ばしていこう」みたいなところがあって。音楽ソフトをを1から勉強しましょうっていうよりは、うちらにしかできないことをやっていこうという感じなんです。

――歌詞の「青い青い闇」という表現が印象に残りました。

一葵:歌詞の内容としては仕事場と家の往復を繰り返すだけの日々に疑問を感じているというようなもので、青い青い闇というのは昼間の青くて綺麗でどこまでも広がる空が自分には眩し過ぎて心が塞ぎこんでしまうという心情を表しています。

――そして12月3日に大阪MUSEでワンマンが決まっています。タイトルは「ソォルドアウト」とはすごいタイトルですね。もし、しなかったら…。

ロ弍:死にます!それは冗談ですけど(笑)。そのくらいの意気込みでつけました!

一葵:結成の時に決めていたのが、3ヶ月リリースと、1年後にMUSEをソールドさせたいってことで、それが出来ないなら何年やってもムリだろうっていう話でやったんで、自信はある部分もあるし、ない部分もあるし。これまでの活動でお客さんのおかげで自信がついていったところもあります。

――ザアザアは持ち時間の短いイベントでも朗読をいれたり、色々詰め込んでますよね。

春:限界までやっています。

零夜:凝縮してやってます。

ロ弍:一回一回大変なんですよ。

――衣装も毎回風変わりですね。

一葵:今回は白地に黒い文字をいれてちょっとダサいくらいのが面白いかなって。

ちなみにギターの春くんの頭の葉っぱには意味があるんですよ。前作の『どしゃぶりの彼女』の時は芽が出てたんですけど…。

――??

ロ弍:俺が聞いたのは、『どしゃぶりの彼女』の婚約者が死んだ時に、なんか…地面から吸収されて…新しい命が…。

――?????

ロ弍:屍体に花が咲くとかあるじゃないですか。栄養分を吸いとって…。

――????????

春:それが今回花開いたって流れです。菊です。

――すみません、まったく言ってることが理解できないんですが…、これ書いてもいいんでしょうか…。

一葵:彼の中では意味があるんです。

ロ弍:大事なんです。

春:はい!

零夜:なんかよくわかんないけど嬉しそう!

――今日一番の笑顔をありがとうございます(笑)。では、最後にコメントをお願いします。

一葵:う――――ん…。

ロ弍:ライブ見てください!

一葵:それをどんな言葉で表現したらこれを読んだ人が行きたくなるかな?って今僕の中で考えてたんですよ…!

春:イベントだと時間が短いからやっぱりワンマンに来て欲しいというのはあります。

零夜:とにかく一回観て欲しいですね。

■ザアザア ライブスケジュール

◆2015.09.25(金) 大阪FanJtwice

MeteoroiD Presents. 六大都市主催TOUR[ 心中世界 ]

◆2015.09.27(日) HOLIDAY NEXT NAGOYA

MeteoroiD Presents. 六大都市主催TOUR[ 心中世界 ]

◆2015.10.04(日) OSAKA MUSE

littleHEARTS.Presents littleHEARTS.Osaka 1st Anniversary 「MY little HEARTS. OSAKA Edition」

◆2015.10.08(木) EDGE Ikebukuro

rivabook presents 「October Stakes」

◆2015.10.14(水) OSAKA MUSE

Luckey Members!! ~大阪豪雨篇~

◆2015.11.02(月) 高田馬場AREA

vkdb presents. 「Influence loop vol.2」

◆2015.11.03(火祝) 池袋RUIDO K3

MeteoroiD×ザアザア×GAGA 東名阪TOUR「その領域、禁断につき。-東京2129地区-」

◆2015.11.06(金) 心斎橋VARON

MeteoroiD×ザアザア×GAGA 東名阪TOUR「その領域、禁断につき。-大阪4410地区-」

◆2015.11.07(土) NAGOYA HOLIDAY NEXT

MeteoroiD×ザアザア×GAGA 東名阪TOUR「その領域、禁断につき。-名古屋32332地区-」

◆2015.12.03(木) 大阪MUSE

ザアザア1周年記念ワンマンライヴ「ソォルドアウト」


外部リンク(ウレぴあ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス