最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

顔認識テクノロジー、このままだと覆面しててもバレるレベルに発展しそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20170922_facerecog1
Image: arXiv

フルフェイス・ヘルメットなら大丈夫。

荒廃した近未来を舞台にしたSF映画で、よくギャングたちがお揃いの覆面マスクをかぶってたりしますよね。しかし近い将来、これは実用的なテクニックとして一般的になるかもしれません。ケンブリッジ大学、インド国立テクノロジー研究所の研究者たちが発表した論文では、「画像に写っている人間が覆面をしていても、それが柔らかい素材による覆面の場合は顔を認識できる技術が開発できる」と指摘されているからです。

これが実現されればセキュリティカメラの映像を元に犯罪者の検挙につながる可能性もありますが、同時に一般市民による匿名のデモ参加も身元が特定されてしまうというプライバシーの懸念もあります。論文でもデモ活動の覆面参加者たちを想定して研究されているようです。
20170922_facerecog2
Image: arXiv

今回の論文では帽子とスカーフで顔を覆った人物を69%の精度で特定することができ、これにサングラスもつけると精度は55%程度だったとのこと。なので今すぐに「プライバシーは死んだ!」と嘆く必要はないようです。さらにこの研究における「顔を特定する」とは「顔の特徴ポイント(目、鼻、口、等)のそれぞれの間の距離を特定して、覆面していない状態の画像の距離と一致させる」という意味で言われています。
20170922_facerecog3
Image: arXiv

我々素人が想像するような、「覆面写真を元に我々のデータベースから個人を特定しました、隊長!」といったSFシチュエーションにはまだ数ステップ届いていないようです。

それでも顔認識のテクノロジーが急速に発展していることはFacebook、iPhone、とあらゆる方向のニュースから伝わってきます。現時点ではそれほど精度が高くなくとも、今後数年で一気にレベルアップする可能性はあります。あらゆる国の警察当局がこういった技術や顔認識データを欲しがっているのは明らかですし。

このアプローチによる顔認識は、顔の特徴ポイント間の距離が分からないような硬い素材のマスク、フルフェイスのマスクといった覆面をしていると機能しないので今後はこういったマスクでのデモ行進参加が増えるかもしれません。あれ...そんな光景、ホラー映画で見たことあるような。こうやって良くも悪くも未来が実現してくるのですね。

顔だけでなく歩き方から個人を特定するという技術も開発されています。そうするとフルフェイスのマスクを被って、わざと変な歩き方をするという必要が出てくるかもしれません。うーん、もはや想像もできません。

Source: arXiv via The Verge

(塚本 紺)

外部リンク(ギズモード・ジャパン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス