最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

3つのNG習慣…今日からやめて!「洗う度に老けてく人」の悲劇的な洗顔法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像


「熱いお湯で洗顔すると乾燥するからNG」「洗顔料を泡立てずに使用するのはNG」というのは、もはや周知の事実。しかしそれ以外にも、お肌のダメージに直結する洗顔ポイントがあり、知らずに毎日行い、肌の老化を促進させている人も多いのです!

そこで今回は、多くの女性が知らずにやってるNG洗顔ポイントを3つご紹介します。

 

■1:ポイントメイク落としを使わないと目もとに悲劇が!

パーツによるクレンジング料の使い分けも美肌を維持するためには大切なポイント。目元や口元は皮膚が薄く、デリケートなパーツでもあるので、しっかりアイメイクやリップメイクは、先に専用のポイントメイク落としを含ませたコットンでやさしくメイクオフするのがおすすめです。

アイメイクを落とすときに目元をグリグリ擦ると、色素沈着を引き起こしたり、目の周りの乾燥や小じわを引き起こしたりすることも。また、アイシャドウのラメやマスカラのカスなどが溶け込んだクレンジング料を顔全体にのばすことで、頬や額をはじめ、他の部分の刺激となることもあります。

特に「目元の乾燥や小じわが気になる……」という人は、クレンジングから見直してみてはいかがでしょうか。

 

■2:クレンジングにかける時間が長いと乾燥しやすくなる!

メイクをしっかりと落とすために、念入りにクレンジングする人は少なくありません。念入りにクレンジングすることは、一見「肌にとって良いこと」のようにも思えますが、実はNG。肌の上にクレンジング料をのせておく時間が長くなればなるほど、肌のうるおいまで取り去ってしまいます。

クレンジング料は肌の上を滑らせるようにして擦らずになじませ、クレンジング時間が長くならないように意識してくださいね。そのためにも、落ちにくいアイメイクやリップメイクは、先に専用リムーバーで落としておくことがポイントです。

 

■3:すすぎのときに肌を擦ると負担に!

すすぎ残しを防ぐために、「すすぎは歳の数だけ行う」という話を聞いたことがある人も多いかと思います。確かにすすぎ残しは肌にとってよくないことなので、意識して行うことが大切ですが、意識すべきは回数よりも“方法”です。

すすぎのときに、クレンジング料や洗顔料の泡を早く落とすために、無意識で手で皮膚を擦っている人がほとんど! すすぎのときに、指が動いていないかどうか一度チェックしてみてください。

皮膚を擦りながらのすすぎは、回数が多くなればなるほど肌の負担になります。すすぎは、できるだけ肌を擦らないようにやさしく行うことが大切です。

 

化粧水や美容液による“足すスキンケア”も重要ですが、クレンジングや洗顔などの“落とすスキンケア”もお肌にとっては大切なこと。これらを参考に、お肌にダメージの少ない洗顔を行ってくださいね。

 

【関連記事】

※ 分かれ目は朝習慣!「メイクが崩れやすい人or長持ちな人」違い判明

※ 1分で魔法の泡立ち!ネットを使わず「肌によい洗顔泡」をつくる技

※ 米国美女は絶対しない!「みるみる劣化する」日本女性の勘違い洗顔

※ 洗顔は3位!1位は…「すっぴんに自信がある女性」意外な朝習慣

※ 速効でパッチリ!お出かけ前に「目が一回り大きくなる」簡単エクサ

 

【姉妹サイト】

※ ABCマートは氷山の一角?働く人の●%が21時帰宅&サビ残の現実

※ スタイリストが伝授!韓流スター流「生脚をキレイに魅せる」定番テク3つ

> > 美容を検索[PR]

外部リンク(美レンジャー)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス