最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ぽっちゃり子役が激変ウェイウェイ、「チェリーボーイ!」と告白も。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
10年ほど前、バラエティ番組「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)などで“ぽっちゃり子役タレント”として活躍したタレントの細山貴嶺(20歳)が、6月27日に放送されたバラエティ番組「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演。激やせしてスリムな身体となり、現在は慶應大学に通いながらウェイウェイ言わせていると近況を語った。

サスペンダーと眼鏡がトレードマークの“ぽっちゃり子役タレント”だった細山は、ピーク時には体重が108キロあったそう。そこから48キロの減量に成功し、まさに激変、まるで別人のようにスリムになった。

自身も「面影が全くないですね」という細山は、「昔5食食べてたんですよ。5食がカツ丼やカルボナーラとかだったんで、それを3食に変えたら痩せましたね」と、実践したダイエットを説明。いまは「毎日ウェイウェイしてますよ」と充実した日々を送っているそうだ。

また、英検1級を持っているほど英語も堪能で、「いまモテるでしょ?」との質問には「全然モテないんですよ。(股間を見て)ボクまだ未使用なんで。童貞、Cherry boy、Yes,I'm a Cherry boy! Yeah!」と力強く返答。風俗などにも「全然行ったことない。本当にピュアなんでボク」と童貞をアピールしていた。

なお、この日の番組には、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)に約12年間、野々下加津役で出演していた元子役の宇野なおみ(25歳)も出演。ブログにセクシー写真を掲載するなど、すっかり大人になった宇野も「I'm a Cherry Girl,too.」と男性経験がないことを明かしていた。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス