最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

【困惑】LINEスタンプ申請が「性的な表現」を理由に却下! 漫画家が涙目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

コミュニケーションツールとして世界中で使われている『LINE』。イラストで意思を伝えることができるLINEスタンプも人気で、個人で作ったスタンプも販売することができる。

漫画家が激怒!!


そんなLINEスタンプの販売を巡って漫画家が激怒しており、インターネット上で話題となっている。

その漫画家とは、『ビックコミックスピリッツ』や『ヤングジャンプ』当で連載した経験を持つ、見ル野栄司先生。

擬人化されたハゲている鳥


LINEスタンプの申請をしたところ、「性的な表現」を理由に却下されたのだという。実際にLINEスタンプを見てみたが、擬人化されたハゲている鳥のスタンプだった。エロ要素はどこにも感じられないのだが……。

性的な表現を含むと判定


人によっては、この鳥男のイラストが性的に見えるのかもしれない。LINEの事務局から届いたメールには「申請されたスタンプは、以下の審査ガイドラインの項目に該当いたします。性的な表現を含むもの」と書かれていた。

このキャラはいっさい受け付けない


さらに「申請されたスタンプは、すべてのスタンプが審査ガイドラインに該当いたします」とも書かれており、40個あるすべてのスタンプが性的だと判断されたようだ。

これに対して先生は「そんなこんなで! LINEスランプがリジェクトされました。このキャラはいっさい受け付けないとのことです」とTwitterに書き込みし、悲しみをあらわにしている。


どこが性的なのか?


先生に取材をして話を聞いたところ「どこが性的なのか? サッパリわからん! みんなおかしいと言ってるぞ!」とコメント。怒りが爆発しているようだ。

■執筆:Mr. Fox
 ライティング、撮影、編集、責任者。紙でもウェブでも、なんでもやります。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ネットの話題・IT最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る

フォトギャラリー


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス