最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

板野友美のバストがもげそう!! スイカ並の爆乳に整形して走る勇気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

 11月26日発売予定のAKB48の38枚目のシングル「希望的リフレイン」(キングレコード)は、ミュージックビデオに卒業生の前田敦子大島優子篠田麻里子板野友美らが出演している。MVは、それぞれが2本の黄金のマイクが入ったバッグを抱えながら走り、バッグを奪おうと迫り来る黒装束の集団から逃げながら次の走者へバッグをバトン代わりに手渡していくストーリー仕立てになっている。

 Youtubeで公式公開されているMVはショートバージョンで、スタート走者の高橋みなみから前田敦子、松井珠理奈、篠田麻里子らにバトンがつながれ、大島優子と板野友美が走り出すシーンで途切れている。だが、テレビの情報番組で公開された“続き”部分での、「板野の走りがものすごい」ことが話題になっている。何がどうすごいのか? 胸がとにかく不自然で「すごい」のだ。

 10月14日放送の冠番組『板野パイセンっ!!』(TBS系)で、すでに板野の胸は「不自然なほど爆乳化している」と視聴者を驚かせていたが、「希望的リフレイン」MVで廊下を疾走する板野のGカップ以上あろうかと思われる巨大な双乳はバインバインに揺れまくっていた。その衝撃的な姿に、ネット上では「ブラにスイカ入れてる?」「胸がもげそう(;;)」「さすがに怖い」といったコメントがあふれている。

 もともと小柄で痩せ型なうえ、最近自ら公開したところによれば体重は36kgほどだというから、かなり華奢な体型の板野。10代の頃からたびたび水着グラビアの仕事もこなしてきたが、そのどれを見ても決して彼女は「巨乳」ではなかった。どちらかといえば控えめなサイズで、おそらくB~Cカップだっただろう。それが突然、ユサユサ揺れるスイカップに変貌したのだから誰でも驚く。いくらなんでも、数週間やそこらで自然にここまでサイズアップすることはない。「パッド入れて寄せて上げただけでしょ」とはとても言えないレベルのボリューム増量であるため、彼女と仕事をするスタッフたちも、さすがに衝撃を受けたのではないだろうか。

 それにしても、デビュー時とあまりにかけ離れた顔立ちに“改造”していることも含め、ここまでくると彼女の勇気に感服せざるを得ない。AKBが国民的アイドルグループと呼ばれるようになる過程で中心メンバーとして活躍し、日本の誰もが姿かたちを知っていると言っても過言ではないほどの知名度を持ちながら、決して満足しないアグレッシブさ。何度も水着グラビアを披露して、過去のMVでは下着姿や水着姿でのダンスシーンもある。控えめバストであることは周知されている。それでも、変えてしまう。しかも「バレない程度に、少しずつお直し」というレベルではなく、いきなり爆乳にする大胆さはスゴいとしか言えない。もはや和製ヴィクトリア・ベッカムの域である。

 ただもしかしたら、ここまで話題になることを見越しての「豊胸手術プロモーション」だったり、「豊胸エステプロモーション」だったり、「超盛りブラ新発売プロモーション」だったり……という可能性もなくはないが。何らかの広告宣伝だったとしたならば、戦略は大成功だろう。
(犬咲マコト)


外部リンク(messy)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Mail

※メルマガは朝刊と夕刊の2誌に登録となります

Twitter

芸能新着最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る

フォトギャラリー


すべての人にインターネット
関連サービス