最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

下村大臣まで踊るAKB替え歌「トビタテ!フォーチュンクッキー」PV(文部科学省公式)に苦言殺到

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

日本の学生が留学しないことが「内向き志向」といった表現で以前から問題視されているが(※異論も多い)、そんな内向きな日本の若者たちに向けて文部科学省が留学を促そうとしているキャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」をご存知だろうか。

「トビタテ-」では2020年までに留学生の数を倍増させる目標とのことだが、そのキャンペーンソングとしてつくられた「トビタテ!フォーチュンクッキー」のPVが公開され、さらに「情報ライブ ミヤネ屋」などの番組でも放送され、話題を呼んでいる(残念な意味で)。


「トビタテ!フォーチュンクッキー」は、公式ツイッターの発表にもある通りAKB48のヒット曲「恋するフォーチュンクッキー」の替え歌(作詞を手がけたのは秋元康氏自身)。
曲自体は昨年開催されたイベントでも披露されたが、今度はその曲に合わせ、全国各地にある大学の学生たちや文部科学省の官僚、さらに大臣たちまでクネクネ踊るという、あのおなじみの「恋チュン○○Ver. 」スタイルの動画だ。

文部科学省としては
「この曲を聴いた日本の若者が、新しいチャレンジに一歩踏み出してくれることを固く信じています」(文部科学省 昨年12月10日の報道発表より下村大臣コメント)
と、自身満々のようだが、昨年来散々つくられ続け、もはや何百番煎じかわからない「恋チュン○○Ver. 」と何ら変わらない動画の何を見て「新しいチャレンジ」に踏み出せばよいのだろうか。残念ながら意味不明である。

▼ネットユーザーからも苦言噴出

タレントのフィフィさんはこのダンス動画について といち早く違和感を表明。「まさにその通り!」「正論!」など同意の声が相次いだ。

また、ツイッター上では他にも
「あの留学促進キャンペーンのCMなに? あの大臣なら喜んでやりそうだけど。まったく税金の無駄遣い!」

「留学促進キャンペーンでAKB使ってムービー作成の真の意図は、『こんなバカなことに無駄金使ってる国にいないで外国行ってがんばって勉強してきなよ!』ってことでしょ?」

「何故AKBを踊るの??見てて凄く胸糞悪いんだけど。的外れにも程があるでしょ。」

「文科省の留学促進キャンペーンのやつAKB雇って動画作るならその金を助成金に回せよ」

「学費や生活費だってバイトや奨学金(日本のは実質教育ローン)で賄ってる学生が多いのに、留学する余裕があると思うか? 」

「知らない人が踊ってる映像観て『そうだ留学に行こう!』と思い立つってどんな心境なのかさっぱりわからないんですが。」

「さあ留学に興味持って!ってだけ?くだらないことしてないで、補助金出しなさいよ。ついでに日本への留学生ばっか優遇してないで、日本人の学生への補助を強化するべき」

「留学促進キャンペーンにAKB使っちゃう辺り文科省の発想の貧困さと時代遅れ感」

「『政府は日本の若者を大事に』しているかいないかは、このPV見ても分かる気がします。霞ヶ関には税金あまってるんだなあ。」

「留学促進キャンペーンとして、AKBと日本大学生がダンスを踊っているのを流すらしいんだけれど・・・何の意味があるのだろうか?」

「留学促進キャンペーンって学生馬鹿にしてんのかあれは」
など様々な角度から苦言が噴出。

予算(秋元氏らは無償協力)や、支援の不足といった指摘については、トビタテ!留学JAPANの公式ツイッターでも とアナウンスしているが、やはりPV自体に好意的な声はなかなか見えてこない。

だが、何はともあれ、「トビタテ!留学JAPAN」なるものが存在していることは広く知られることになったようで、そういう意味では効果があったといえるのかもしれない。

(担当・メメン外森)

「ノウズイラボ」とは

> > Eテレを検索[PR]

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Mail

※メルマガは朝刊と夕刊の2誌に登録となります

Twitter

芸能新着最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る

フォトギャラリー


すべての人にインターネット
関連サービス